<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東証1部企業4〜6月決算集計 最終益79%減 71社赤字 コロナ直撃 | main | 政府 都道府県と連携し急速な感染増加防止 新型コロナウイルス >>
東海と関東甲信で梅雨明け
 1日は西日本や東日本で晴れ間が広がり、東海と関東甲信で梅雨明けが発表されました。

 午前中から西日本を中心に気温が上がっていて、日中の最高気温は35度以上の猛暑日になるところもある見込みです。こまめに水分を取るなど熱中症に十分注意が必要です。

 1日は高気圧に覆われて西日本や東日本では晴れ間が広がっていて、気象庁は午前11時、「東海と関東甲信で梅雨明けしたと見られる」と発表しました。

 梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、平年と比べても11日遅くなっています。

 西日本を中心に午前中から気温が上がっていて、午前11時半までの最高気温は

▽高知市で33.8度

▽鹿児島県肝付町前田で33.7度

▽岡山県高梁市と▽和歌山県田辺市の栗栖川で33.3度

▽岐阜市で33.1度

▽茨城県大子町で32.2度

などと各地で真夏日となっています。

 このあとも気温は上がり、日中の最高気温は

▽岐阜市で36度

▽名古屋市や▽京都市▽岡山市▽高知市▽熊本県人吉市などで35度と西日本と東海では猛暑日になると予想されているほか、

▽大阪市で33度、

▽東京の都心で32度

▽金沢市で31度

▽札幌市と福島市で30度

などと広い範囲で真夏日が予想されています。

 気象庁は、こまめな水分補給に加えて屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では冷房を適切に使うなどして熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

 豪雨の被災地でも厳しい暑さで熱中症の危険性が高まります。環境の変化で疲れもたまっていることから、復旧作業にあたる際にはこまめに休憩を取るなどの十分な対策が必要です。

 東京・世田谷区の多摩川沿いでは強い日ざしが照りつけるなか家族連れがマスクをつけ、ほかの人との間隔をとったうえで水遊びを楽しんでいました。

 都内に住む40代の男性は、「やっと梅雨明けしたので、川で遊ぼうと思って来ました。待ち遠しかったです。暑いですが、マスクなどできる範囲で感染対策をしながら楽しみたいです」と話していました。
| 環境とまちづくり | 14:07 | comments(0) | - |