<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 佳子さま結婚へ! 留学先で“理系男子”と愛育まれる 眞子さま結婚問題後の見込み | main | “感染者発生の飲食店 店舗名の公表も” 西村大臣 新型コロナ >>
専業主婦の4人に1人 夫の在宅勤務「望まない」 研究機関の調査
 新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が普及する中、「夫がずっと家にいることで家庭不和になる」などとして専業主婦の4人に1人が夫の在宅勤務を望んでいないことが、民間の研究機関の調査でわかりました。

 明治安田総合研究所は先月、0歳から6歳までの子どもがいる男女1100人を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう子育ての意識の変化についてインターネット上で調査しました。

 それによりますと、夫の7割、妻の5割が、「積極的に子どもの面倒を見るようになった」、「子どもとの絆が深まった」などと前向きな回答をしたということです。

 一方で、妻の4割は、「夫による育児や、子どもにイライラすることが多くなった」などと、子育てに関するストレスの増加がうかがえる回答をしていました。

 また、在宅勤務の状況について尋ねたところ、在宅勤務を行った男女のうち89%が「今後も行いたい」と答えています。

 一方、夫が在宅勤務をしていた専業主婦では、4人に1人が「今後は夫に在宅勤務をしてほしくない」と回答しました。

 その理由として、「夫がずっと家にいることで家庭不和になり子どもに悪影響なため」と答えた人が37%と最も多くなりました。

 明治安田総合研究所は、「外出自粛によって子育てに好影響があった夫と夫へのイライラが増加した妻との間で意識の差が鮮明になった。夫婦の間でふだんから子育ての方針について話し合い、ギャップを解消することが大切だ」としています。
| 福祉・医療と教育 | 23:28 | comments(0) | - |