<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 景気判断「依然厳しいが持ち直しの動き」 政府月例経済報告 | main | TOKIO 長瀬智也さん 来年 ジャニーズ事務所退所へ >>
小池都知事「4連休の外出はできるだけ控えて」 コロナ拡大で
 東京都の小池知事は22日夕方、臨時の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染が地域的にも年代的にも広がりを見せているとして、「これ以上の感染拡大を食い止めなければいけない」と述べたうえで、都民に対して、23日からの4連休は外出はできるだけ控えるとともに、特に高齢者や基礎疾患がある人は気をつけて欲しいと呼びかけました。

 東京都の小池知事は、22日午後5時すぎから臨時の記者会見を開きました。

 このなかで、小池知事は、新型コロナウイルスの現在の感染状況について、都のモニタリング会議で専門家から「第2波」という心構えを持って対応すべきという意見があったとしたうえで、「引き続き『感染拡大警報』の状況にあると判断しているし、『第2波』という心構えを持って、よりいっそうの警戒が必要だ」と述べました。

 そして、「都民や事業者にお願いする。現在、新規の陽性者数が時に300人を超すかと思われるような日もあり、感染の地域的や年代的な広がりも気になるところだ。これ以上の感染拡大を何としてでも食い止めなければいけない」と述べました。

 そのうえで、23日からの4連休について、「都民には、外出する場合は感染予防や感染対策を万全にしていただきたい。また、外出は、できれば、できるだけ控えて欲しい」と呼びかけました。

 さらに、「特に高齢者や基礎疾患がある方々は重症化のリスクが高いことがわかっているので、くれぐれも気をつけてください。若者は無症状や軽症の方が多い。本人が自覚しないうちに感染を拡大させているおそれもある。学生や若いビジネスマンも『自分は感染しているかも』という意識で、十二分に注意して行動していただきたい。若い方々でも重症化のリスクがないわけではない」と述べました。

 このほか、小池知事は、感染防止対策を徹底していることを知らせる都の「感染防止徹底宣言ステッカー」を今月31日までにそれぞれの店舗などに掲示するよう事業者に強く要請し、安心して利用できることをみずから宣言する施設を飛躍的に増やしたいという考えを示しました。

◎「我慢の4連休」外出自粛を 日本医師会長 新型コロナウイルス
 新型コロナウイルスの感染確認が各地で相次ぐ中、日本医師会の中川会長は記者会見で、23日からの4連休を「我慢の4連休」と位置づけ、不要不急の外出や県境を越える移動を避けるよう呼びかけました。

 この中で、日本医師会の中川会長は、「今の感染者の『急増』が『激増』になってしまうと、通常医療も含めた医療提供体制の崩壊につながる確率が高い」と述べました。

 そのうえで、「あすからの4連休が山場で『我慢の4連休』としていただきたい。国民の皆さんには初心に帰って、県境を越えた移動や不要不急の外出を避けてほしい」と呼びかけました。

 そして、いわゆる「3つの密」を避けることに加え、スーパーへの買い物には1人で行くなど、人との接触を極力避けることや、飛まつによる感染リスクに十分注意することなどを求めました。

 一方、22日から始まった観光需要の喚起策「Go Toトラベル」について中川会長は、「県境を越えた移動によって感染者が増えたという報道もある。これだけ感染者が急増している中で、勇気をもって変更していただけないかと思っている」と述べました。
| 福祉・医療と教育 | 22:58 | comments(0) | - |