<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 手洗い・消毒で気になる手荒れ ハンドクリーム | main | 「コーラで骨が溶ける」の真偽 >>
九州〜関東 非常に激しい雨のおそれ 土砂災害など警戒を
 梅雨前線の影響で九州で激しい雨が雨が降っています。

 28日昼前にかけては九州から関東にかけての各地で激しい雨が降って、局地的には非常に激しく降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に警戒するよう呼びかけています。

 気象庁によりますと、九州から本州の南岸沿いにのびる梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み西日本から東日本にかけての広い範囲で大気の状態が不安定になっています。

 午前4時までの1時間に鹿児島県が錦江町に設置した雨量計で35ミリの激しい雨を観測しました。

 これまでに降った雨で鹿児島県と宮崎県では土砂災害の危険が非常に高まって「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があり、厳重な警戒が必要です。

 大気の不安定な状態が続くため、九州北部や四国ではこのあと数時間、九州南部や関東、東海、それに伊豆諸島では昼前にかけて、雷を伴って激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。
| 環境とまちづくり | 05:32 | comments(0) | - |