<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< “伝説” の雑誌「漫画少年」ほぼ全巻 「トキワ荘」で展示へ | main | 手洗い・消毒で気になる手荒れ ハンドクリーム >>
“漫画の聖地”「トキワ荘」復元施設が7月公開 4畳半の部屋も

 手塚治虫さんをはじめ、日本を代表する漫画家が若き日を過ごした東京 豊島区のアパート「トキワ荘」を復元した施設が跡地近くに完成し、報道関係者向けに公開されました。

 「トキワ荘」は昭和27年に建てられた木造2階建てのアパートで、手塚治虫さんや赤塚不二夫さん、石ノ森章太郎さん、それに藤子不二雄のコンビなど、日本を代表する漫画家がともに生活しながら腕を磨いた「漫画の聖地」として知られています。

 豊島区は、地元の商店街と連携し、漫画文化を発信する拠点として「トキワ荘」を原寸大で復元することになり、このほど、跡地近くの公園に「トキワ荘マンガミュージアム」が完成しました。

 施設の2階には漫画家が住んでいた4畳半の部屋が並び、当時の生活を追体験できる演出が施されています。

 復元にあたっては、写真を集めたり、当時住んでいた漫画家から聞き取りを行ったりして、塗装の色合いなども忠実に再現したということです。

 1階は展示スペースで、最近になって区に寄贈された、今ではほとんど残っていない漫画雑誌や、漫画家100人余りのサイン色紙などを見ることができます。

 豊島区の高野之夫区長は、「地域の皆様の長年の思いが、全国のファンの力添えもあり、ついに実りました。漫画・アニメの歴史をこの地から発信し、漫画文化を発展させていく第一歩にしたい」と話していました。

 施設は来月7日から一般公開されますが、感染防止のため、当面は事前の予約制になるということです。

◇元住人が語る「トキワ荘」
 「トキワ荘」は昭和27年に現在の豊島区南長崎に建てられた木造2階建てのアパートで、漫画家が住んでいた2階には4畳半の部屋が10室ありました。

 昭和20年代から30年代にかけては手塚治虫さんや赤塚不二夫さん、石ノ森章太郎さん、それに藤子不二雄のコンビなど、日本を代表する漫画家が住み、切磋琢磨しながら制作活動に励んだ「漫画の聖地」として知られています。

 昭和57年に老朽化のため取り壊されましたが、跡地には今も多くのファンが訪れています。

 漫画家の水野英子さんは18歳だった昭和33年に「トキワ荘」に入り、石ノ森さんや赤塚さんたちとおよそ7か月を過ごしました。

 「星のたてごと」や「白いトロイカ」などが代表作で、女性少女漫画家の草分けと言われる水野さんに今回、復元された施設の中で話を聞きました。

 取り壊される前に水野さんが撮影していた内部の写真は今回の復元作業の資料として使われ、自身も壁の色や室内の様子を再現する際の監修を務めました。

 水野さんは、「机の色は当時あったものとかなり近いですし、炊事場が雑然した感じもよく再現されています」と話しました。

 水野さんの部屋は階段を上がって4つ目の19号室でした。

 それぞれの部屋のドアは開けたままで、昼夜を問わず互いに行き来する自由な雰囲気だったといいます。

 水野さんは、「自分の部屋からは石ノ森さんがレコードをかけながら漫画をかいている姿が見えて、この場所に立つと当時に戻った感じがします」と話しました。

 当時、漫画は「悪書」とされていた時代でしたが、手塚治虫さんにひかれて集まった若い漫画家たちが、制作活動に没頭しながら、時にはみんなで騒いだり、語り合ったりしていたということです。

 そして、「トキワ荘」は同じ目標を持った人たちが夢をかなえる場だったといいます。

 水野さんは、「当時は漫画家になると言ったら親から勘当される時代でした。そんな中でいつか漫画を自分の一生の仕事にするという夢をみんな持っていて、24時間、仲間と漫画の話をして漫画を描ける天国のような場所でした」と話しました。

 「トキワ荘」の復元にあたって水野さんは、当時、自分の部屋に飾っていたカウボーイの絵をクレヨンで描き直しました。

 この絵について水野さんは、「部屋が寂しかったので描いていたら、石ノ森さんや赤塚さんが見に来て、『おーうまいな』と言ってくれたのを覚えています。当時よりは上手になったと思うので、全く同じようには描けていないと思いますが」と話していました。

 「トキワ荘」が復元されたことについて水野さんは、「復元されたのはうれしいですし、夢みたいです。トキワ荘がここまで有名になるとも思わなかったし、復元の手伝いをするなんて思ってもいなかった。当時住んでいた漫画家の皆さんが生きていたら、復元されたことをさぞ喜んだと思います」と話しました。
| 環境とまちづくり | 19:13 | comments(0) | - |