<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マスクで肌荒れ急増 患者数が20倍近く増!? | main | IMF 世界の経済成長率見通しを再び下方修正 第2波への警戒背景 >>
7月から9月 平年より厳しい暑さ 熱中症対策を(3か月予報)
 気象庁が24日発表した3か月予報によりますと、7月から9月にかけての平均気温は全国的に平年に比べて高く、厳しい暑さになりそうだということです。

 マスクの着用など過去にない状況で夏本番を迎えることから、例年以上に熱中症への対策が必要です。

 気象庁によりますと、来月から9月にかけて、太平洋高気圧が日本付近に張り出しやすく、西からは上空のチベット高気圧が張り出す時期もあり、2つの高気圧が重なって暑くなる見込みです。

 このため、向こう3か月の平均気温は、全国的に平年より「高い」と予想され、厳しい暑さになりそうだということです。

 また、降水量は全国的に「ほぼ平年並」と予想されています。

 梅雨末期の7月にかけては例年、各地で豪雨災害が発生しており、改めて備えを確認してください。

 そして、梅雨が明ける7月から8月にかけては、熱中症の搬送者数が急増し、去年は2か月間で全国で5万人以上が搬送され、100人余りが死亡しています。

 特にことしは新型コロナウイルスの影響で、マスクによって体の熱が逃げにくくなったり、体が暑さに慣れていないおそれもあり、例年以上に熱中症への注意が必要です。

 環境省などは、屋外で人と十分な距離があればマスクを外し、マスクをしている場合はなるべく激しい運動を避け、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をするよう呼びかけています。
| 環境とまちづくり | 23:43 | comments(0) | - |