<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新型出生前検査 “小規模診療所などでも” 学会の指針改定 | main | 「GO TO キャンペーン」 8月から実施へ 国交相 新型コロナ対策 >>
きょう全国で部分日食 午後4時ごろから午後6時半ごろまで

 太陽の一部が欠けたように見える「部分日食」が21日夕方、天候さえよければ、全国で観測できる見通しで、国立天文台は目を痛めないよう安全な方法で観測してほしいと呼びかけています。

 「部分日食」は太陽と月と地球が一直線上に並び、地球から見て、太陽の一部が月に隠れる現象で、日本で観測されるのは去年12月以来、およそ半年ぶりです。

今回は、天候さえよければ、全国で観測できる見通しで、午後4時ごろに欠けはじめ、午後6時半ごろまでに終わります。

 日本では、南で観測するほど太陽が隠れる割合が大きくなり、最も欠ける午後5時ころには那覇市で79%、東京都で35%、札幌市で17%が欠ける見通しです。

 また、中国やインドなどでは、太陽が指輪のような形に見える「金環日食」になります。

 国立天文台は、双眼鏡や望遠鏡で直接見たり、サングラスで見たりすると目を痛めるため絶対にやめ、太陽の光を大幅にカットする専用の日食グラスを使うか、太陽の光を投影するなどの安全な方法で楽しんでほしいと呼びかけていますす。

 次に日本で日食が見られるのは3年後の2023年4月で、この時は九州南部など一部の地域だけで部分日食になる見通しです。
| 環境とまちづくり | 12:11 | comments(0) | - |