<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 景気「下げ止まりつつある」と判断を上方修正 月例経済報告 | main | 禁煙治療用のスマホアプリ 医療機器として国内初承認の見通し >>
巨人 プロ野球で史上初の通算6000勝達成

 プロ野球 巨人は19日夜、東京ドームで行われた阪神との開幕戦に勝ち、プロ野球で史上初となる通算6000勝を達成しました。

 巨人は、昨シーズンまでに5999勝を積み上げ、節目の記録まであと1勝としていました。

 試合は、吉川尚輝選手の1号決勝ツーランで、巨人が3対2で競り勝ち、公式戦で初勝利を挙げた昭和11年から84年目でプロ野球史上初の通算6000勝を達成しました。

 また、原辰徳監督は平成19年に通算5000勝を達成した時にもチームの指揮を執っていました。

 原監督は、「少々プレッシャーはあったけれど、うまい具合に接戦の中で、6000勝を勝ち取れたのは非常によかった。いいスタートが切れた」と話していました。

◇長嶋さんと王さんからも祝福
 巨人が19日の試合で、プロ野球史上初となる通算6000勝を達成したことについて、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督とソフトバンクの王貞治会長がそれぞれの球団を通じてコメントを出しました。

 長嶋終身名誉監督は、「6000勝の中には歓喜の1勝も苦しみ抜いて勝ち取った1勝もありました。巨人軍の長い歴史には常にファンの方々の大声援があり、苦しいときも背中を押していただき、勇気をもらいました。新型コロナウイルスの影響で無観客での開幕になりましたが、ファンの方あってのプロ野球であり、6000勝はまだまだ通過点です。ことしはリーグ連覇、そして去年果たせなかった日本一奪回という目標に向かってまい進してください」と記録をたたえるとともに、今シーズンへのエールを送りました。

 また、王会長は、「原監督、コーチ、選手、スタッフの皆様、通算6000勝おめでとうございます。86年という長い巨人軍の歴史の中で、多くの方たちの努力が一つずつ積み重なった結果だと思います。巨人は常に勝利を求められる特別な球団です。新型コロナウイルスによって無観客試合になりましたが、野球をできることに感謝し、これからもファンに愛され、ファンの皆さんとともに歩んでいってください」としています。
| 雑感 | 05:17 | comments(0) | - |