<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東海道新幹線の新型車両「N700S」 量産車を初公開 | main | “夜の繁華街” 感染防止へ連携を確認 国と東京都 コロナ対策 >>
プラごみ急増 外出自粛が影響?
◎急増するプラごみ 外出自粛が影響? 自治体に危機感
 (2020年06月13日 11:55 朝日新聞デジタル)

 新型コロナウイルスによる外出自粛で飲食店からのテイクアウトやデリバリー(配達)が増えた3月ごろから、弁当容器やランチボックス、カップなど、家庭から出るプラスチックごみが増えている。

 こうした容器包装プラスチックを分別回収している自治体のなかには、前年よりも1割以上増加しているところもある。「新しい生活様式」が推奨されるなか、プラスチックごみの増加という新たな課題が浮かび上がってきた。

■使い捨てプラごみ排出量、世界2位
 容器包装プラスチックとは弁当容器やペットボトル、レジ袋、食品トレーといった使い捨てのプラスチック容器や包装のことだ。自治体によって、資源として利用するため分別回収するところもあるが、燃やされるごみと一緒に回収しているところもある。

 新型コロナの感染拡大で3月ごろから大都市を中心に危機感が広がり、緊急事態宣言による外出自粛の呼びかけもあって、テイクアウトやデリバリーを利用する人が多くなった。使い捨て弁当容器などが使われる場面も増えた。

 大阪市が3月に分別回収した容器包装プラスチックは1683トンで前年比6.8%増、4月は1734トンで8.4%増だった。5月も7%あまり増えている。京都市も3月は約860トンで8.8%増え、4月も6.8%増加した。

 東京も同様で、容器包装プラスチックを分別回収している区のうち江東区や杉並区など11区の平均の回収量は約1割(4月)増えた。横浜市でも12.5%ほど増え、5月も同様の傾向だという。

 横浜市の担当者は、「削減努力によって家庭からでるプラスチックごみは減少傾向だったので、急な増加は新型コロナの影響としか考えられない」と驚く。大阪市の担当者も、「テイクアウトや配達、スーパーでの食料品の購入が増えたことが背景にあるのでは」と話す。

 あくまでも容器包装プラスチックとして分別回収されたもののデータでしかないが、コロナ禍による生活様式の変化で、使い捨てプラスチックの使用が増えている状況がうかがえる。

 日本の1人当たりの使い捨てプラスチックごみ排出量は、米国に次いで世界で2番目に多いのが現状だ。再びプラスチックにする再生利用率は低く、多くが焼却されて、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出につながっている。

 また、最近は世界的にプラスチックごみによる海洋汚染が問題になっている。政府が昨年策定した「プラスチック資源循環戦略」は、2030年までに使い捨てプラスチック排出量の25%削減を掲げる。だが、コロナ禍という新たな難題が出てきた。

■容器持参、呼びかける店も
 こうしたなか、使い捨てプラスチック容器の削減に取り組む飲食店も出てきた。

 4月にテイクアウトを始めた京都府亀岡市のカレー店「京FUJIHARU(フジハル)カレー」は、テイクアウト客に容器の持参を呼びかけている。

 運営会社「藤大(ふじはる)」の藤田大子社長は、「環境にやさしい取り組みをしたい。まず容器の持参をお願いし、さらに、店で渡す容器もプラスチック製はやめようと考えた」。

 また、持参していない客向けには竹を原料にした紙製の容器を用意した。容器を持参した場合は、容器代を値引きしている。

 大阪市中央区のイタリアンレストラン「オルジェンティーレ」も容器持参を歓迎する。

 オーナーシェフの吉田岳史さんは、「店で食べていただくのが一番おいしいけれど、持ち帰りを希望する方にもこたえたい」と、持ち帰り用の紙箱を少しずつ買ってきた。

 だが、買い足す手間もかかるし、箱代を加えた料金にせざるをえない。「容器を持ってきてもらったら箱代もかからない。お客さんにとってもいいんじゃないか」と話す。

 東京都多摩市のラーメン店「麺でる 多摩センター店」も4月中旬から、「鍋でる」と銘打ってテイクアウトを行っている。

 丼に山盛りになるほどの具材のトッピングは、通常のプラスチック容器では収まりきらない。そこで、呼びかけたのが「鍋持参」だ。

 店長の島崎隆行さんは、「スープと具材を家で温めて食べてもらえるし一石二鳥」と話す。「自宅で家族みんなで食べられる」など新たな顧客の開拓にもつながったという。

 環境カウンセラーの崎田裕子さんは、「以前からある『出前』は、店側が再使用できる容器に入れて配達し、後で容器を回収するスタイルだ。新型コロナを機に増えたテイクアウトやデリバリーでも、そのようにできるケースもあるはず。店側と消費者側の双方が、ライフスタイルとして取り入れることを検討していければ」と話している。
| 環境とまちづくり | 23:10 | comments(0) | - |