<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 打ち上げ花火 各地で一斉に 新型コロナの終息願う | main | 東京都が初の「東京アラート」都民に警戒呼びかけ 新型コロナ >>
「基礎的財政収支」の赤字 66兆円余に コロナで2度の補正予算
 財務省は、新型コロナウイルスを受けた、2度にわたる補正予算の編成で、今年度の「基礎的財政収支」の赤字が、これまでの見通しより大幅に拡大し、66兆円余りになると明らかにしました。財源を新たな借金にあたる国債の追加発行で賄うためです。

 「基礎的財政収支」は財政の健全度を見る指標の1つで、政策を行うための財源を国債などの借金に頼らず、税収などでどの程度賄えているかを示します。

 財務省は、1日に開かれた、財務大臣の諮問機関、財政制度等審議会の分科会で、最新の数字を明らかにしました。

 それによりますと、今年度の「基礎的財政収支」の赤字は、これまでの見通しの9兆2000億円から、66兆1000億円に拡大するとしています。

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、2度にわたり編成した補正予算の追加の歳出の財源を、すべて国債の発行で賄うためです。

 出席した委員からは、「予算が有効に使われているか留意すべきだ」とか、「収束後は中長期の財政健全化に取り組むべきだ」といった指摘が出されました。

 政府は2025年度に基礎的財政収支を黒字化する目標を掲げていますが、大規模な財政支出が続き、達成は見通せない状況です。

 分科会の増田寛也会長代理は記者会見で、「黒字化の達成時期の目標については、新型コロナウイルスの今後の状況を見ながら議論していくべきた」と述べました。
| 政策 | 19:43 | comments(0) | - |