<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 生活困窮世帯 約3割の子ども“オンライン学習支援受けられず” | main | 5都道県の宣言解除“あすにも最終的な判断” 加藤厚労相 >>
新型コロナで介護利用控え 筋力や認知機能に影響も 専門家調査
 新型コロナウイルスの影響で高齢者が介護サービスの利用を控え、筋力や認知機能が低下するケースが増えていることが、介護職を対象にした調査で分かりました。

 専門家は、「状態の悪化を防ぐため、感染予防をしながら介護サービスを継続できるよう現場への支援が必要だ」としています。

 この調査は、介護問題に詳しい淑徳大学の結城康博教授が今月行ったもので在宅介護に携わる介護職503人がインターネット上のアンケートに回答しました。

 それによりますと、「担当する高齢者で在宅での介護サービスの利用を控えている人がいるか」という質問に対し、「いる」と回答した人は82%に上りました。

 また、「利用を控えたことで、心身の機能が低下しているケース」についての質問には62%が「ある」と回答し、このうち、「かなり多い」または「多い」と回答した人は21%でした。

 この中には、「社会から離れてしまい、うつ状態になっている」とか「生活パターンが変わり、心身ともに低下傾向にある」などと、状態の悪化が危惧される回答が寄せられています。

 結城教授は、「介護サービスを利用しないと短期間で高齢者の身体や認知機能に影響が出ていることがうかがえる。状態の悪化を防ぐために、感染予防をしながら介護サービスを継続できるよう現場への支援が必要だ」と話しています。

◎高齢者の運動不足など社会保障に新たな課題 対策検討急ぐ 政府
 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府は、外出自粛による高齢者の運動不足など社会保障の新たな課題が生じているとして対策の検討を急ぐことにしています。

 外出自粛や休業要請の長期化などの影響で心や体の不調を訴える人が少なくないなか、政府の全世代型社会保障検討会議は現状の分析を進めています。

 それによりますと、運動不足で筋力などが衰え、介護を必要とする一歩手前の「フレイル」と呼ばれる状態になる高齢者が増えるおそれがあるとしています。

 また、介護施設の入所者が家族との面会の制限でストレスを抱え込んだり、自宅での児童虐待やDV(ドメスティックバイオレンス)の被害が増加したりすることも懸念されるということです。

 このため、会議では、社会保障の新たな課題が生じているとして、高齢者の運動不足解消に向けたプログラムをつくる事業者やオンライン上で面会できる通信環境を整備する介護施設を支援するなど、対策の検討を急ぐことにしています。

 そして、7月にまとめる中間報告に具体的な対策を盛り込むことにしています。
| 福祉・医療と教育 | 07:32 | comments(0) | - |