<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 休業要請 解除は7県 緩和は20県(11日午後6時)新型コロナ | main | 新型コロナウイルスと暑さ 効果的な換気方法は? >>
難病治療薬「ゾルゲンスマ」 1回当たり約1億6700万円で調整

 「世界一高い」とも言われる、幼い子どもなどの難病の治療薬「ゾルゲンスマ」について、厚生労働省は、保険適用の対象とし、1回当たり、およそ1億6700万円とする方向で詰めの調整を進めています。

 「ゾルゲンスマ」は、幼い子どもなどの全身の筋力が低下する難病「脊髄性筋萎縮症」の治療薬で、ことし3月に国の承認を受けました。

 アメリカでは1回あたり2億円を超え、世界一高い薬とも言われていることから、国内での価格設定が注目されています。

 こうしたなか、厚生労働省は、「ゾルゲンスマ」を公的な医療保険の適用対象としたうえで、1回当たりおよそ1億6700万円とする方向で詰めの調整を進めていることがわかりました。

 13日に開かれる中医協(中央社会保険医療協議会)で承認されれば、現在国内で保険が適用されている薬で最も高額となります。

 対象となる患者は年間25人程度と見込まれ、患者側が支払う医療費には上限が設けられ、それを超えた分は保険料などで賄われることになります。
| 福祉・医療と教育 | 06:52 | comments(0) | - |