<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「サザエさん」タブーへの挑戦 | main | 「ふるさと納税」の新たなトレンド >>
「ホームランバー」60周年仕様
 オームランバー、私も子どもの頃よく食べていました。最近は10本入りの箱パックをたまに買います。季節限定商品もあってなかなか楽しいです。

◎誰もが知ってる「ホームランバー」 銀紙パッケージが60周年お祝い仕様で登場
 (2020年05月10日 09:11 おたくま経済新聞)

 メイトーブランドの協同乳業株式会社から販売されているロングセラー商品「ホームランバー」シリーズが、2020年に60周年を迎えます。

 その記念として、「ホームランバー(R)銀紙アソート(バニラ/チョコチップチョコ)60周年記念パッケージ」が5月10日から、全国のスーパー・コンビニエンスストアで発売となります。

 メイトーの「ホームランバー」は、昭和35年に日本初の当たりつきアイスクリームバーとして誕生。

 以来、くじ付きの定番アイスとなり、子どもたちの駄菓子屋アイスとして長く愛されてきました。現在では1箱10本入りのラインアップも充実、手軽に丁度よく食べられるアイスバーのベストセラー商品に。

 今回発売となる「ホームランバー(R)銀紙アソート周60年記念パッケージ」は、昔から愛され続けている銀紙パッケージが、60周年を記念して金色と朱色のお祝いカラーの金紙仕様になって新登場。おめでたい雰囲気を醸し出すメタルカラーな包み紙に、ついテンションも上がりそう。

 1本70円(税抜き)で販売されるお祝い仕様パッケージのホームランバーは、これまで長く売られ続けてきたものと同様、当たりくじ付き!この当たりくじは、もはやホームランバーのアイデンティティとも言えるもの。もちろん、当たりバーを購入店舗で交換する事で、もう1本ホームランバーがもらえますよ。

 発売日である5月10日は、「メイトーの日」なんですって。ホームランバーが生まれたころは、「当たりが出たらもう一個」の駄菓子が流行りだしたころ。

 今では当たりくじ付きのお菓子ってかなり減ってしまいましたが、こうして今でも現役でいてくれるのって、何だか嬉しいですね。

 全国のスーパー・コンビニエンスストアで発売となる「ホームランバー(R)銀紙アソート(バニラ/チョコチップチョコ)60周年記念パッケージ」。

 親子で買って、「昔はお父さんもお母さんもこれよく食べていたんだよ」なんて話を子どもとするのも、何だか楽しくなりそうですね。
| 雑感 | 21:30 | comments(0) | - |