<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新型コロナウイルス対策 専門家会議提言 その内容は | main | データで見る“巣ごもり消費”の実態は >>
五輪開催「別のシナリオも検討」IOCバッハ会長
 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大するなか、東京オリンピックの予定どおりの開催を目指しているIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長がニューヨークタイムズのインタビューに応じ、「もちろん別のシナリオは検討している」と述べ、通常開催以外の可能性について触れました。

 IOCのバッハ会長は19日、アメリカの有力紙、ニューヨークタイムズのインタビューに応じました。

 この中でバッハ会長は、東京オリンピック開催の判断をする期限について問われ、「今回の危機を克服するのが難しいのは先を見通せないからだ。あすのことや1か月先のことでも何が起きるか分からないのに4か月以上先のことは言うまでもない。推測で日付を設定したり、今決定をすることはない」と述べ、従来どおりの発言を繰り返しました。

 一方で、「大会をことしの秋や2021年の夏、2022年の夏に移すために必要なことは何か」という質問に対しては、「特別作業チームからの勧告がないうちに判断するのは時期尚早だが、もちろん別のシナリオは検討している」と述べて、通常開催以外の可能性について触れました。

 バッハ会長は中止については、「議題に上がっていない」と述べて否定し、引き続き大会の開催に向け努力を続ける姿勢を強調しました。

◇JOC 山下会長「いろんなケース想定はありうる」
 IOCのバッハ会長がニューヨークタイムズのインタビューで、「別のシナリオも検討している」と述べて東京オリンピックの通常開催以外の可能性について触れたことについて、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長は、「まだ詳細を確認していないが、きのうのテレビ会議でみんなで協力しながら東京大会の成功に向けてやっていくと確認した。今の時点では大きな方向転換はないと考えている。ただ、いろんなケースを想定することはどの組織でもありうる」と述べました。

◎JOC山下会長、理事の延期発言に「外に発言、残念」
 (2020年03月20日 12:24 朝日新聞デジタル)

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は20日、JOC理事でソウル五輪女子柔道銅メダリストの山口香氏が東京オリンピック(五輪)を「延期すべき」と発言したことについて、「色々な意見があるのは当然だが、内部で意見を言わず、外に発言するのは極めて残念」と述べた。聖火引き継ぎ式が行われた航空自衛隊松島基地(宮城県)で報道陣の質問に答えた。

 山口氏は19日、朝日新聞の取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪について、「アスリートが十分に練習できていない状況での開催は、アスリートファーストではない。延期すべき」との考えを示した。27日のJOC理事会でも同様の趣旨の発言をする考えも明らかにしていた。

 山口氏は、「世界中で正常な生活が送れない状況がある中で、7月に開催して誰が喜ぶのか」と指摘。その上で「コロナウイルスとの戦いは戦争に例えられているが、日本は負けると分かっていても反対できない空気がある。JOCもアスリートも『延期の方が良いのでは』と言えない空気があるのではないか」と話していた。
| 政策 | 20:00 | comments(0) | - |