<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2500万人失業のおそれ “リーマン 上回る” 国際労働機関 | main | 今後の対策は地域の感染状況に応じて 政府専門家会議が提言 >>
首相 五輪・パラ “完全な形”は「規模縮小せず観客も一緒に」
 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、安倍総理大臣は、参議院総務委員会で、東京オリンピック・パラリンピックの完全な形での開催を目指す考えを示したことについて、「規模は縮小せず、かつ、観客にも一緒に感動を味わっていただきたいということだ」と述べました。

 この中で、安倍総理大臣は、東京オリンピック・パラリンピックについて、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて行われたG7(主要7か国)の首脳によるテレビ電話会議で、完全な形での開催を目指す考えを示し、各国首脳から賛同を得たことを説明しました。

 そのうえで、安倍総理大臣は、「『完全な形』と申し上げたが、まず、アスリートと観客にとって安全で安心できるものでなければならない。そして、規模は縮小せずに行う、かつ、観客にも一緒に感動を味わっていただきたいということだ」と述べました。

 また、日本維新の会の片山共同代表が、「東京オリンピックは、ことし7月24日に始まるが、『完全』の中に時期のことも入るのか」と質問したのに対し、安倍総理大臣は、「延期や中止については、一切言及はしていない。大切なことは、完全な形で、オリンピック・パラリンピックを日本で開催をすることだ」と述べました。

 そして、安倍総理大臣は、「強大な経済政策を打ち、V字回復を目指していきたい。いつ感染症を克服できるか、世界の首脳で言える人は、まだいないと思うが、何とか打ち勝ちたい」と述べました。
| 政策 | 22:39 | comments(0) | - |