<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JR山手線 「高輪ゲートウェイ」開業 およそ半世紀ぶりの新駅 | main | 安倍首相 “現時点では緊急事態を宣言する状況ではない” >>
バッハ会長”WHOに求められたら開催断念せざるをえない”
 IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は12日、ドイツのテレビ局のインタビューの中で、東京オリンピックの予定どおりの開催を目指していると強調した一方、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、WHO(世界保健機関)から大会の中止を求められた場合は、開催を断念せざるをえないという考え方を示しました。

 IOCのバッハ会長は12日、地元ドイツの公共放送ARDの番組に出演しました。

 この中でバッハ会長は、東京オリンピックについて、「7月24日に開会式ができるよう全力で取り組むととともに、アスリートたちが万全な準備をできるよう、あらゆる手を尽くし大会を成功させたい」と述べ、予定どおりの開催を目指していると強調しました。

 また、感染が拡大している新型コロナウイルスの問題に対応するため先月中旬、WHOなどと対策チームを立ち上げたことについても触れ「週7日、24時間態勢で状況を注視している」と述べました。

 一方、インタビュアーから、WHOに大会の中止を求められた場合の対応について聞かれたバッハ会長は、「WHOの助言に従う」と答え、そのときは開催を断念せざるをえないという考え方を示しました。

 東京オリンピックをめぐっては、新型コロナウイルスの感染拡大による影響が懸念される中、聖火リレーが12日からギリシャで始まり、聖火は、20日に日本に到着する予定となっています。
| 政策 | 23:48 | comments(0) | - |