<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 水没被害の収蔵作品を公開 川崎市市民ミュージアム | main | 日銀 3年半ぶり追加の金融緩和を決定 ETF買い入れ額2倍に >>
「陰性まで9日超」「再陽性2割」“無症状患者”調査で判明

 新型コロナウイルスの集団感染があったクルーズ船の乗船者で、症状が見られないにもかかわらず感染が確認された人のうち、半数以上の人は陰性になるまでに9日以上かかっていたことが愛知県にある医療センターの調査でわかりました。

 調査した医師は、「症状が無くても陰性になるまでには思った以上に日数が掛かることがわかった」と話しています。

 調査を行ったのは愛知県岡崎市にある藤田医科大学病院岡崎医療センターです。

◇無症状 陽性から陰性 で「9日以上」は半数以上
 センターでは開院前に、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者のうち、症状が見られないにもかかわらずウイルスへの感染が確認された128人を受け入れ、このうち、9歳から77歳までの合わせて90人について経過観察を行いました。

 そして、2日以内に1度の割合でウイルス検査を行い、陰性になるまでの期間を分析しました。

 その結果、9割にあたる81人が最初に陽性が確認されてから陰性になるまでに6日以上かかり、9日以上かかった人は半数以上の47人にのぼりました。

◇陰性後の検査で再び陽性が2割
 また、1割余りの11人は2回連続で陰性になるまで15日以上を要したということです。

 さらに、2割にあたる18人は1回陰性になったもののその後の検査で再び陽性となるケースがあったということです。

◇医師「症状無くても陰性まで日数が掛かる」
 これについて藤田医科大学岡崎医療センターの土井洋平医師は、「症状が無くても陰性になるまでには思った以上に日数が掛かることがわかった。1度陰性になった人が再び陽性になるなど、解明すべき点がまだ多く残されている。また、今回の分析を参考に適切な検査のタイミングを検討していくべきだ」と話しています。

◇70歳男性「食欲があり自覚全くなかった」
 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた70歳の男性は、発熱などの症状がなかったものの船内で受けたウイルス検査で感染が確認され、先月19日に愛知県岡崎市の藤田医科大学岡崎医療センターに入りました。

 男性は、「症状が全くなく自分は大丈夫だと思っていたので、検査で陽性反応が出たと告げられたときはとても驚いた」と当時を振り返りました。

 男性は岡崎医療センターで2日に1度ほどのペースで鼻を綿棒で拭って検体を採取する方法のウイルス検査を受け続けました。

 男性は入所して5日後の先月24日に受けた検査で1度陰性となりましたが、その後の検査では再び陽性反応が出たということです。

 国は、症状の無い感染者について退院の基準として2回連続で陰性が出た場合としています。

 男性はセンターにいる間、発熱などの症状は全くありませんしたが、2回続けて陰性が出るまでには半月ほどかかり、センターを退所できたのは今月9日になってからでした。

 男性は、「センターにいる時も食欲があり症状も全く無く、自分がウイルスに感染しているという自覚は全く無かった。それでも陰性が出るまでにずいぶん時間が掛かり不思議なウイルスだと思う」と話しています。
| 福祉・医療と教育 | 19:06 | comments(0) | - |