<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東証 再編後の新市場 業績悪化企業は上場続けられない仕組みに | main | 子育て支援 積極的な企業に政府が優遇措置 少子化対策加速へ >>
関東地方に春一番 去年より15日早く

 発達中の低気圧の影響で、22日は関東南部を中心に南寄りの強い風が吹いていて、気象庁は「関東地方で春一番が吹いた」と発表しました。去年より15日早くなっています。

 気象庁によりますと、日本海にある発達中の低気圧の影響で、関東南部を中心に南寄りの風が強まっています。

 正午までには横浜市で20.3メートル、東京の都心で17.7メートル、千葉市で16.7メートルの最大瞬間風速を観測しました。

 このため、気象庁は、「きょう関東地方で春一番が吹いた」と発表しました。

 「春一番」は立春から春分までの間に初めて吹く南寄りの風で、関東地方の「春一番」は、去年より15日早くなっています。

◎関東・九州北部で春一番 強風と花粉に注意
 (2/22(土) 13:28配信 wheather map)

 きょう22日(土)、気象庁は関東地方で「春一番」が吹いたと発表し、九州北部でも昨夜からけさにかけて「春一番」が吹いたと発表した。

 きょうは日本海を進む低気圧に向かって、南寄りの風が吹き込み、西日本から東日本の沿岸を中心に南寄りの強風となっている。関東は、南部を中心に南風が吹き込み、気温も上昇しているため、東京管区気象台は春一番が吹いたと発表した。きょうの予想最高気温は、東京で18℃となっている。

 また、九州北部では、昨夜から風が強まり、気温も上がっていたため、福岡管区気象台は九州北部で春一番が吹いたと発表した。

 春一番は、強風に注意を呼びかけるものでもあり、関東では南部を中心に午後も南風の強い状態が続くため、注意が必要だ。また、気温が高く、風が強いため、花粉も多く飛ぶものとみられるので、注意したい。

※春一番について
 春一番は、立春から春分の間に低気圧が日本海を進み、暖かな南風が強く吹いて、前日より気温が上昇した最初の日に発表される。気象庁では、九州から関東にかけて春一番の発表しており、今年は北陸・東海・四国ですでに発表されていた。基準を満たさず発表されない年もある。
| 環境とまちづくり | 14:17 | comments(0) | - |