<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< “覚醒剤は槇原容疑者のもの” 当時同居の知人男性が説明 | main | 新型ウイルス タイ日系企業 60%が部品調達の遅れなど懸念 >>
新型ウイルス「世界が日本の対応を注視」WHO進藤氏

 日本国内で新型コロナウイルスの感染が相次いで確認されていることについて、WHO(世界保健機関)でシニアアドバイザーを務める進藤奈邦子さんが、横浜市で開かれている学会の会場で報道陣の取材に応じ「世界中が今後の日本の対応を注視している」と話しました。

 進藤さんは、日本国内で相次いで感染が確認されていることについて、「中国以外のほかの国では感染経路の追跡ができている。接触者の調査を行って一つ一つ消し止めることで感染は広がりを見せていない。日本だけが少し様相が異なっている」と指摘しました。

 そして、和歌山県で医師への感染が確認されたことから、「こうした感染症は病院内での感染を契機に大きく広がりを見せるケースがある。患者の診察中だけでなく、マスクやゴーグルなどの感染防護具の着脱の際にも気をつかうなど、院内での感染制御を改めて徹底してほしい」と話しました。

 さらに、日本で今後、感染の広がりがどうなっていくのかを見極めることが、世界的な対策を考える上で重要だとして、「クルーズ船への対応も含め、世界中が今後の日本の対応を注視している」と話しました。
| 福祉・医療と教育 | 19:34 | comments(0) | - |