<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 新型コロナウイルス 神奈川の80代女性死亡 感染者死亡は国内初 | main | “覚醒剤は槇原容疑者のもの” 当時同居の知人男性が説明 >>
あおり運転摘発1万5000件超 警察庁 厳罰化へ法改正の方針
 去年、全国の警察が検挙した「あおり運転」は、1万5000件を上回り、危険な運転が依然として相次いでいることが分かりました。

 警察庁は、あおり運転に対して懲役刑を設けるなど、法改正を進めることにしています。

 警察庁によりますと、車間距離を極端に詰めるなど道路交通法に違反したとして検挙された「あおり運転」は、去年、全国で1万5065件に上り、前の年を2000件余り上回りました。

 去年8月、茨城県の常磐自動車道であおり運転をし、相手の男性の顔を殴ってけがをさせた男が逮捕された事件をはじめ、傷害や暴行の容疑を適用したケースも、前の年から大幅に増えて44件に上りました。

 警察庁が2600人余りのドライバーを対象に行ったアンケート調査では、35%が「過去1年間にあおり運転の被害に遭った」と回答していて、危険な運転が後を絶たない状況が続いています。

 警察庁は、あおり運転の厳罰化に向けて、道路交通法の改正案を今の国会に提出する方針で、懲役刑を設けるほか、あおり運転をした場合すぐに免許取り消しにすることを検討しています。
| 政策 | 02:19 | comments(0) | - |