<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 1月の企業倒産 5か月連続で前年同月上回る | main | プロ野球 野村克也さん死去 84歳 戦後初の三冠王 >>
景気ウォッチャー調査 新型ウイルスを懸念 先行き表す指数悪化
 働く人たちに景気の実感を聞く景気ウォッチャー調査では先月の景気の現状を示す指数が3か月連続で改善しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する声が相次ぎ、先行きを表す指数が悪化しました。

 景気ウォッチャー調査は小売店の従業員やタクシーの運転手など、働く人たち2000人余りに景気の実感をたずねて指数にしたものです。

 内閣府によりますと、先月の景気の現状を示す指数は41.9と、前の月を2.2ポイント上回って3か月連続で改善しました。

 一方、2、3か月後の景気のよしあしを表す指数は41.8と前の月を3.7ポイント下回りました。先月の調査では景気の先行きについて新型コロナウイルスの感染拡大の影響を懸念する声が相次ぎました。

 このうち、近畿地方の旅館からは外国人旅行者だけではなく、国内旅行をする人も減る傾向が出始めているという声が寄せられました。

 また、東海地方のコンビニエンスストアからは、今はマスクが売れているが、外出を控える動きが広がると売り上げが落ち込むおそれがあるという声が上がっていました。

 内閣府は、「観光や小売り関連の企業だけではなく、製造業など幅広い業種で新型コロナウイルスの感染拡大の懸念が広がっている」と話しています。
| 政策 | 20:54 | comments(0) | - |