<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< クルーズ船 緊急性ある持病の薬など500人分をきょう提供へ | main | 中国 武漢で入院の日本人男性死亡 新型ウイルス感染の疑い >>
情報収集衛星載せたH2Aロケット 打ち上げ 鹿児島

 政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケット41号機は、9日午前10時34分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。このあと補助ロケットなどを切り離しながら上昇し、地球を回る軌道に衛星を投入する計画です。

 政府の情報収集衛星の「光学7号機」は9日午前10時34分、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット41号機で打ち上げられました。

 ロケットは上昇を続け、衛星を地球を回る軌道に投入する計画ですが、内閣衛星情報センターと打ち上げを担当する三菱重工業は「国の安全保障に関わる」として衛星を切り離す高度などの情報は明らかにしていません。

 政府の情報収集衛星は高度数百キロの上空から地球上のあらゆる場所を撮影できる事実上の偵察衛星で

▽北朝鮮のミサイル発射施設の動向や

▽災害時の被害の把握などに活用されています。

 内閣衛星情報センターによりますと、情報収集衛星として現在運用されているのは、

▽日中に地上の様子を撮影する「光学衛星」が2機と、

▽夜間や悪天候でも電波を使って撮影ができる「レーダー衛星」が5機の合わせて7機で、

今後はさらに増やして10機運用する体制を確立させたい考えです。

 情報収集衛星の開発と打ち上げ、運用にかかった費用はこれまでに1兆4000億円余りで、今回の「光学7号機」にも開発費としておよそ350億円が投じられています。

 今回の打ち上げは当初、先月27日の予定でしたが、天候の不良や地上設備の不具合のため9日に延期されていました。

◎H2Aロケット打ち上げ成功 情報収集衛星を軌道に投入
 政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケット41号機は、9日午前10時34分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。衛星はおよそ20分後に予定した軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

 政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケット41号機は、9日午前10時34分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。

 補助ロケットや1段目のエンジンなどを切り離しながら上昇を続け、打ち上げからおよそ20分後に衛星を予定どおり地球を回る軌道に投入し、打ち上げは成功しました。

 政府の情報収集衛星は、高度数百キロの上空から地球上のあらゆる場所を撮影できる事実上の偵察衛星で北朝鮮のミサイル発射施設の動向や災害時の被害の把握などに活用されています。

 内閣衛星情報センターによりますと、情報収集衛星として現在運用されているのは、日中に地上の様子を撮影する「光学衛星」が2機と、夜間や悪天候でも電波を使って撮影ができる「レーダー衛星」が5機の、合わせて7機で、今回打ち上げられたのは「光学衛星」です。

 政府は今後さらに衛星を増やし、合わせて10機運用する体制を確立させたい考えです。

 一方で、情報収集衛星の開発と打ち上げ、運用にかかった費用はこれまでに1兆4000億円余りで、今回の「光学衛星」にも開発費としておよそ350億円が投じられています。

 今回の打ち上げは当初、先月27日の予定でしたが、天候の不良や地上設備の不具合のため延期されていました。

◇首相「安全保障や危機管理に万全期す」
 安倍総理大臣は、「政府としては、この光学7号機を含む情報収集衛星を最大限活用し、今後ともわが国の安全保障や危機管理に万全を期す所存だ」とするコメントを発表しました。
| 政策 | 20:22 | comments(0) | - |