<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 障がい者の学びの場で感じる「学び」=「勉強する」の狭い理解 | main | クルーズ船 緊急性ある持病の薬など500人分をきょう提供へ >>
クルーズ船の乗客は約半数が70代以上 健康維持が課題に
 新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船の船内には、今もおよそ3600人が残っていますが、このうち乗客のおよそ半数は70代以上の高齢者で、長期化する船の生活の中で健康をどう維持していくかが課題となっています。

 厚生労働省によりますと、「ダイヤモンド・プリンセス号」の船内には船医が2人いるほか、防衛省から医官が5人派遣されるなど、乗客や乗員の健康状態の確認や医療支援に当たっているということです。

 持病の薬など必要な医薬品が不足しているという乗客の声を受けて、厚生労働省は乗客が必要とする薬を記入して提出した書面を基に薬の手配に当たっています。書面には薬の名前や種類のほか、24時間以内に必要な薬かどうかなどを書くようになっているということです。

 厚生労働省は7日までに147人分の医薬品を届けましたが、まだ多くの人に必要な薬が届いていないということで、供給を急ぎたいとしています。

 一方、乗客のおよそ半数を占める外国人については、日本国内で未承認の薬があることなどから、薬の提供が進んでいないということで、提供の方法について検討しているということです。

 また、薬のほかにも医師による診療体制が十分ではないという声も寄せられているということで、感染症の症状が出ないか健康状態を把握するために長期化する船の上での生活の中で、乗客乗員の健康の維持が差し迫った課題となっています。
| 福祉・医療と教育 | 11:23 | comments(0) | - |