<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< のどに餅が詰まったら?ためらわず2つの方法を! | main | 地球温暖化で台風の移動速度遅く 被害拡大のおそれ >>
通常国会 今月20日に召集 6月17日までの150日間
 新年度予算案などを審議する、ことしの通常国会は、今月20日に召集され、その日のうちに安倍総理大臣の施政方針演説などが行われることになりました。

 10日午後開かれた衆参両院の議院運営委員会の理事会には菅官房長官が出席し、ことしの通常国会を今月20日に召集することを伝えました。

 また、台風など一連の災害からの復旧・復興のための費用などを盛り込んだ今年度の補正予算案と、新年度予算案を召集後、直ちに提出する考えも伝えました。

 通常国会の会期は、6月17日までの150日間です。

 安倍総理大臣の施政方針演説など政府4演説は召集日の20日に行われ、これに対する衆参両院での各党の代表質問は、今月22日から24日に行われる見通しです。

 これに先立って与野党の国会対策委員長らが会談し、与党側は、予算案の早期成立に向けて円滑な国会審議に協力を呼びかけたほか、憲法審査会で継続審議となっている国民投票法改正案の成立を目指す考えを伝えました。

 これに対し野党側は、今の中東情勢を受けて自衛隊の派遣を中止するよう求めたほか、IR(統合型リゾート施設)をめぐる汚職事件や「桜を見る会」をめぐる問題について国会で追及していく考えを示しました。

◇自民 森山国対委員長「災害現場は補正予算案成立待っている」
 自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、「補正予算案は、災害からの復旧・復興の予算を含んでおり、現場は一日千秋の思いで成立を待っている。また、継続審議となっている国民投票法改正案も通常国会で結論を出すようお願いした」と述べました。

 一方、「桜を見る会」をめぐる問題については、「野党側は、真相究明に向けて国会でしっかり議論したいという意向で、公文書管理の在り方に関しても厳しい指摘があった。意見を承り、国会運営に加味していく」と述べるにとどめました。

◇立民 安住国対委員長「桜を見る会など しっかり質疑」
 立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し、「桜を見る会など、去年の臨時国会の積み残しについて、自民党の森山国会対策委員長に抗議をした。公文書の破棄などは、立法府に対する挑戦で許しがたい行為であり、こうした問題を立法府として対応する国会にしたい。安倍総理大臣に対し、予算委員会でしっかり質疑をさせてもらう」と述べました。
| 政策 | 19:19 | comments(0) | - |