<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新型新幹線「N700S」 7月1日から運行開始 JR東海 | main | 在日外国人との交流施設に “脅迫”年賀はがき 川崎 >>
日経平均株価 一時500円超下落 中東情勢受け波乱のスタート
 ことし最初の取り引きとなった6日の東京株式市場は、緊張が高まっている中東情勢を警戒して売り注文が膨らみ、日経平均株価が去年の年末と比べて一時、500円以上下落するなど波乱のスタートとなりました。

 6日の東京株式市場は取り引き開始直後から全面安の展開となり、午前中には日経平均株価が去年の年末と比べて500円以上値下がりしました。

 その後も売り注文が多く、日経平均株価の6日の終値は去年の年末より451円76銭安い、2万3204円86銭。東証株価指数=トピックスは23.87下がって1697.49でした。1日の出来高は12億1971万株でした。

 株価が大きく下落したのはアメリカ軍がイランの司令官を殺害したことで中東情勢の緊張が高まっているためです。

 外国為替市場でドルが売られて一時、1ドル107円台後半まで円高ドル安が進んだことも輸出関連の銘柄の値下がりにつながりました。

 アジア各地の株式市場も株価が値下がりし、リスクを避けようという動きは世界に広がりました。

 市場関係者は、「中東情勢の緊迫が市場にショックを与え、投資家の心理を冷え込ませた。当面、アメリカやイランの動向に神経をとがらせる展開が続くだろう」と話しています。

◎円相場 1円余り値上がり 中東情勢の緊迫化を懸念
 6日の東京外国為替市場はアメリカとイランの緊張が高まっていることを警戒して比較的安全な資産とされる円が買われ、円相場は去年の年末に比べて1円余り値上がりしました。

 午後5時時点の円相場は去年の年末と比べて1円4銭円高ドル安の1ドル=108円10銭〜11戦でした。

 ユーロに対しては1円50銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円68銭〜72銭でした。

 ユーロはドルに対して1ユーロ=1.1164〜65ドルでした。

 市場関係者は、「アメリカ軍によるイランの司令官の殺害をきっかけに中東情勢の緊迫化を懸念してドルを売って円を買う動きが進んでいる。一方、今週はアメリカで雇用など重要な経済指標の発表も控えていて、景気動向をしっかり注視していこうという投資家も多い」と話しています。

◎アジア各地の株式市場も下落 中東の緊張高まりへの懸念
 中東の緊張が高まっていることへの懸念から、週明けの6日のアジアの株式市場でも売り注文が広がり、株価は各地で値下がりしました。

 6日のアジア各地の株式市場は、取り引き開始直後から売り注文が広がる展開となり、株価は軒並み値下がりして6日の取り引きを終えました。

 各地の代表的な株価指数の下落率は、先週末の終値と比べて、台湾で1.3%、インドネシアでおよそ1.0%、韓国でおよそ0.9%、香港でおよそ0.7%でした。

 市場関係者は、「アメリカ軍によるイランの司令官の殺害をきっかけに投資家の間で両国の対立が深まることへの懸念が広がった。司令官の殺害に対し、イランやレバノンの武装組織などが報復する姿勢を示しており、市場では、中東情勢の先行きへの警戒感が強まっている」と話しています。
| 政策 | 19:31 | comments(0) | - |