<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 出版物の販売額 15年連続で減少見込み | main | 天皇陛下 新年の感想「災害がない1年に」 >>
謹賀新年
皆様

健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます。

令和の時代でも日々の幸せに感謝し

つつがなく暮らして行きたいと思います。

昨年は大変にお世話になりありがとうございました。

本年も宜しくお願い申し上げます。

佐藤 光一

◎ねずみ年生まれは1062万人 年男は中居正広さんら
 (2019年12月31日 17:12 朝日新聞デジタル)

 2020年のえととなる子(ね)年生まれは1062万人で、人口の8.4%を占め、十二支の中では、前年の亥(い)年(1135万人)、丑(うし)年(1077万人)に次いで3番目に多かった。総務省が新年に合わせて、20年1月1日現在の推計をまとめた。

 男性は516万人、女性は546万人。出生年別では、第1次ベビーブーム(1947〜49年)世代の1948年生まれが最多。今年72歳になる人で209万人。最も若い、12歳を迎える2008年生まれは108万人で、1948年生まれのほぼ半数だ。

 「年男・年女」には、元首相の村山富市さん(1924年生まれ)や元プロ野球巨人監督の長嶋茂雄さん(1936年)、俳優の黒木瞳さん(1960年)、元SMAPの中居正広さん(1972年)、レスリング女子で五輪4大会連続金メダルを獲得した伊調馨さん(1984年)、リオデジャネイロ五輪体操男子団体金メダリストの白井健三さん(1996年)らがいる。

 1日現在で20歳の「新成人」の人口は、122万人。前年より約3万人減った。男性は63万人、女性は59万人。人口に占める新成人の割合は0.97%で、10年連続で1%を下回った。ピークは、1949年生まれの人が成人に達した1970年の246万人。全人口の2.40%を占めていた。
| 雑感 | 03:46 | comments(1) | - |
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
| 孔雀王 | 2020/01/01 3:40 PM |