<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 五輪後の不況は不可避か、試練の日本 | main | 給与所得控除見直しへ 年収850万円超の会社員は負担増 >>
日経平均株価 1年の終値 29年ぶりの高水準
 ことし最後の取り引きとなった30日の東京株式市場、株価は値下がりしました。

 ただ、アメリカと中国の貿易交渉の進展に伴って株価は秋ごろから上昇し、日経平均株価は1年間の終値としては平成2年以来、29年ぶりの高い水準となりました。

 日経平均株価、30日の終値は先週末の終値より181円10銭安い2万3656円62銭、東証株価指数(トピックス)は、11.82下がって1721.36、1日の出来高は7億9662万株でした。

 ことしの東京市場は、出口の見えないアメリカと中国の貿易摩擦を懸念して株価が大きく下落する場面が何度もありました。

 ただ、米中の貿易交渉が進展するのに伴って秋ごろから株価は持ち直し、今月、第1段階の合意に達すると、日経平均株価は2万4000円台まで上昇しました。

 結局、日経平均株価のことしの終値は、去年の年末と比べて3641円、率にしておよそ18%上昇し、平成2年以来、29年ぶりの高い水準で取り引きを終えました。

 市場関係者は、「今月、日経平均株価はことしの最高値を3回、更新し、高い水準にあったため、ことし最後の取り引きで利益を確定させる売り注文が広がった。株価は上昇傾向だが、米中の貿易交渉の行方や日本企業の今後の業績で変動する可能性もあり、投資家の間には警戒もある」と話しています。

◎東京株式市場・大引け=続落、円高など警戒し安値引け
 (2019/12/30 15:55 ロイター)

 東京株式市場で日経平均は続落した。中東や北朝鮮の情勢など地政学リスクが気にされた一方、外為市場でドル/円が円高に振れたことも重しとなった。あすから、年末年始で6日間休場となることから、休み中のイベントを警戒するムードもあり、終始模様眺めの展開に。中盤以降は下げ渋ったものの、大引けにかけて売り直され安値引けとなり、2019年の日経平均は2万3656円62銭で終了した。

 市場では、「休みの間に、中国PMI、米ISM製造業指数の発表などイベントが消化されるため、きょうは身動きが取れない」(キャピタル・パートナーズ証券・チーフマーケットアナリストの倉持宏朗氏)、「先高期待はあっても、無理に年末年始の休み中に買い持ちしようとする動きはなく、全体的に見送られている。『株を枕に年越し』というムードはまったくない」(国内証券)などの声が聞かれる。

 TOPIXは、0.68%安で終了。東証33業種では、鉱業を除く32業種が値下がりした。東証1部の売買代金は、1兆4338億2900万円と薄商い。個別では、ソニー<6758.T>など主力輸出関連株に安い銘柄が目立つ。半面、パルコ<8251.T>がTOB価格にサヤ寄せする形で続騰した。

 東証1部の騰落数は、値上がり542銘柄に対し、値下がりが1541銘柄、変わらずが78銘柄だった。

<日経平均、年間では18.19%上昇>
 なお、2019年の日経平均は、1月4日の大発会は波乱商状で始まり、立ち会い時間ベースのこの年の安値1万9241円37銭を記録。高値は12月17日の2万4091円12銭で、2019年大納会の終値と比較した年間の上昇率は18.19%だった。

 一方、TOPIXも立ち会い時間ベースの安値は大発会に付けた1747.20。高値は12月17日の1747.48で、年間騰落率は15.21%の上昇にとどまった。市場では「日経平均とTOPIXの動きに差が出たのは、年の後半に上昇を加速させた主力の輸出関連株に対し、銀行株をはじめ内需大型株の出遅れが目立ったことが大きい」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との声が聞かれる。
| 政策 | 23:32 | comments(0) | - |