<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新語・流行語大賞 年間大賞は「ONE TEAM」 | main | 新経済対策 25兆円台とする方向で最終調整へ >>
難病のパーキンソン病 超音波使った新治療法の治験開始 阪大
 手足が震えたり、体が動かなくなったりする難病のパーキンソン病について、大阪大学の研究グループは、弱い超音波を使って異常を起こしている神経細胞を焼き切る新たな治療法を、一般的な治療として確立させるための治験を今月から始めました。

 パーキンソン病は、ドーパミンという神経の伝達物質を作り出す脳の神経細胞の異常で手足が震えたり、体が動かなくなったりする難病で、国内におよそ15万人の患者がいるとされていますが、現在、根本的に治療する方法はありません。

 大阪大学大学院医学系研究科の望月秀樹教授を中心とした研究グループは、弱い超音波を使った新たな治療法の治験を今月から始めました。

 新たな治療法は、特殊な装置を使っておよそ1000か所から、異常を起こしているとみられる脳の神経細胞の一部に弱い超音波を集中して照射する手法で、脳のほかの部分への悪影響を避けることができるということです。

 この治療法は、症状が比較的軽い患者を対象にスペインで研究が進められ、根本的に治すことはできないものの、症状を改善させる効果が期待されるということです。

 研究グループでは、健康保険が適用される一般的な治療法として確立することを目指して、今後1年かけて10人の患者を対象に、安全性や効果を確認することにしています。
| 福祉・医療と教育 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091196