<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ローマ教皇 長崎 爆心地公園でのスピーチ(全文) | main | おひとりさま歓迎、半個室で快適さを >>
ローマ教皇 「戦争のために原子力を使うのは犯罪」

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、長崎に続いて広島でスピーチを行い、「戦争のために原子力を使うことは犯罪以外の何ものでもない」と述べて核兵器の使用や保有は倫理に反すると強調しました。そのうえで「ここで起きた出来事を忘れてはいけない」と述べ、過去の記憶を受け継いでいくことが平和を築くために欠かせないと訴えました。

 ローマ教皇として38年ぶりに日本を訪れているフランシスコ教皇は24日午前、長崎市の爆心地公園で核兵器のない平和な世界の実現を呼びかけるスピーチを行った後、広島市に移動し、平和公園で被爆者や仏教などの宗教関係者などが参加する「平和のための集い」に出席しました。

 フランシスコ教皇は、被爆者から証言を聞いた後スピーチを行い、「私は平和の巡礼者として激しい暴力の犠牲となった罪のない人々を思い起こし、静かに祈るためにここに来なければならないと感じていました」と述べて、被爆地訪問をみずからの使命としてきたことを明かしました。

 そして、「戦争のために原子力を使うことは、犯罪以外の何ものでもありません」と述べ、核兵器の使用、そして保有も倫理に反すると強調しました。

 また、「紛争の正当な解決策として、核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、どうして平和を促すことができるでしょうか。真の平和とは武器を持たないこと以外にありえません」とも指摘し、核兵器による抑止力に頼る動きを強く批判しました。

 そのうえで、フランシスコ教皇は、「ここ広島で起きたことを今とこれからの世代にわたって決して忘れてはいけません。この記憶は、より公正な将来を築くことにつながる」と述べて、過去の記憶を受け継ぎ、ともに歩んでいくことが平和な未来を築くために欠かせないと訴えました。

 そして、フランシスコ教皇はスピーチの最後、参加した人たちへの親しみを込め、「私は、君とともに平和を唱えます」と力強く述べました。

◇サーロー節子さん「核抑止論正当化に真っ正面から否定に感謝」
 「平和のための集い」に出席した、カナダ在住の広島の被爆者で、おととしのノーベル平和賞授賞式で演説したサーロー節子さんは、「私も同じような内容で被爆者の1人としてメッセージを送っている。それを教皇の口から聞いて勇気づけられたし、支えられた。ひと言ひと言が胸に響きありがたかった。核の抑止論を正当化することを真っ正面から否定した勇敢な思いに感謝しています」と話していました。

◇広島被団協「思い重なっている」
 広島県被団協の箕牧智之理事長代行(77)は、「教皇には、戦争よりも平和を望み、核兵器を無くすことを望み、世界中の赤ちゃんから大人までが平穏な暮らしができますように、世界中の政治家にメッセージをお願いしますと伝えました。戦争のない、核兵器のない世界をつくるという教皇の思いは、私たちの思いと重なっていると思います」と述べました。
| 雑感 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091186