<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ベルギーの9歳少年 来月に大学卒業 世界最年少記録 | main | 「企業版ふるさと納税」税額控除の割合拡大へ >>
G20外相会合「自由貿易体制の強化が不可欠」茂木外相
 名古屋市で開かれているG20(主要20か国)の外相会合は23日、実質的な討議が始まり、茂木外務大臣は世界経済の持続的な成長には自由貿易体制の強化が不可欠だと訴えました。

 ことし、日本が議長国を務めるG20は、締めくくりとして、外相会合が22日夜、名古屋市で開幕し、23日、実質的な討議が始まりました。

 午前中の最初のセッションは「自由貿易の推進」がテーマで、冒頭、議長を務める茂木外務大臣は、「6月の大阪サミットの成果を再確認し、具体的な取り組みにつなげるべく議論を深めたい」と述べました。

 そのうえで、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)や、日米で署名に至った貿易協定など日本が参加する自由貿易の枠組みに触れ、世界経済の持続的な成長には自由貿易体制の強化が不可欠だと訴えました。

 また、インドが慎重な姿勢を崩さなかったため、年内の交渉妥結を断念したRCEP(東アジア地域包括的経済連携)について、「中国、インドを含む広大な地域に、自由で公正で野心的なルールに基づく経済圏を構築する世界経済にとっても重要な枠組みだ」と強調しました。

 会合では、「SDGs(持続可能な開発目標)」の実現や、アフリカの開発支援をめぐっても議論が行われます。
| 政策 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091179