<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「要介護認定」の長期化で有効期間の延長など改善へ 厚労省 | main | 孫社長「勝者総取りの世界」ヤフー・LINE経営統合の背景は >>
ヤフー・LINE経営統合 会見「世界リードする企業に」

 IT大手ヤフーとLINEは18日夕方、都内で記者会見し経営統合によって互いの強みを持ち寄り、世界的に成長していきたいと抱負を述べました。

 ヤフーの持ち株会社、Zホールディングスの川邊健太郎CEOとLINEの出澤剛CEOは18日夕方、都内で記者会見しました。

 川邊氏は緑色、出澤氏は赤色のネクタイをして登壇し、互いの企業のイメージカラーのネクタイを交換したと説明しました。

 会見の中でLINEの出澤CEOは、「現状への危機感の1つは世界的な巨大IT企業の存在だ。ネット業界は、優秀な人材やデータなど、すべてが強いところに集約してしまう構造を持っている」と述べmアメリカなどの巨大IT企業に対抗することが統合のねらいだと明らかにしました。

 そして、Zホールディングスの川邊CEOは、「LINEはスマホアプリで大成功し、若い利用者が多い。ヤフーはパソコン時代からのシニアの顧客がたくさん使っている。両社の顧客基盤には補完関係がある」と述べました。

 そのうえで、2人は、台湾やタイなど、LINEの海外の顧客基盤も強みとして挙げたうえで、「日本、あるいはアジアから全世界に飛躍して世界規模で最高のユーザー体験を提供し、社会課題を解決していきたい。世界をリードする『AIテックカンパニー』になっていきたい」と述べ、互いの強みを持ち寄り、世界的に成長したいという考えを強調しました。

 また、スマートフォン決済など、重複する事業については、当面は今のまま存続させ、来年10月を予定する経営統合の手続きが済んだあと、個別の事業のあり方を検討したいという考えを示しました。

 さらに、Zホールディングスの川邊CEOは、統合についてソフトバンクグループの孫正義社長に説明した際、「100%賛成だ。やるからには今までできなかったような大きな課題解決につながるようなことをやらないと意味がない」と伝えられたことを明らかにしました。
| 政策 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091164