<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 里山のチョウ類が激減 耕作放棄地増加などが影響か 環境省 | main | 「要介護認定」の長期化で有効期間の延長など改善へ 厚労省 >>
侍ジャパン、プレミア12初制覇
 東京オリンピックの前哨戦となる野球の国際大会「プレミア12」の決勝で、日本は韓国に5対3で逆転勝ちし、2回目の大会で初優勝を果たしました。

 日本がプロのトップ選手が参加する国際大会で優勝するのは、2009年の第2回WBC(ワールド・ベースボール・クラシッ)以来、10年ぶりです。

◎侍J、韓国に連勝し第2回プレミア12優勝! 山田逆転3ラン、救援陣0封リレー
 (2019年11月17日 22:12 ベースボールキング)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、『第2回 WBSC プレミア12』の決勝戦で韓国代表を下し、大会初制覇を成し遂げた。

 10−8で勝利した16日のスーパーラウンド第4戦(東京ドーム)に続き、2夜連続で行われた日韓戦。

 この試合は1回表に韓国が2本塁打で3点を先制し、侍ジャパン先発の山口(巨人)は、1回3室点で早くもマウンドを降りた。

 それでも侍ジャパンはすかさず反撃。1回裏、4番・鈴木(広島)の適時二塁打で1点を返すと、2点を追う2回は簡単に二死を奪われたものの、8番・会沢(広島)の四球、9番・菊池涼(広島)の内野安打で一、二塁。この好機で1番・山田哲(ヤクルト)が起死回生の逆転3ランを左翼席へ運び、一気に4−3と逆転した。

 投げては救援陣が好投。2回から登板した2番手・高橋礼(ソフトバンク)は、3回までの2イニングを1安打無失点に抑え試合を落ち着かせた。

 4回から3番手として登板した田口(巨人)も、要所を締め2回2安打無失点の好リリーフ。

 6回を託された4番手の中川(巨人)は、二死から二塁・菊池涼(広島)の失策で出塁を許したが、次打者を抑えバックのミスをカバーした。

 7回以降は甲斐野(ソフトバンク)、山本(オリックス)、山崎(DeNA)の必勝リレーが圧巻の3イニング連続3者凡退締め。

 7回の攻撃では5番・浅村(楽天)に貴重な右前適時打が飛び出し、見事に大会初制覇を成し遂げた。
| 政策 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091163