<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沢尻エリカ容疑者「私の物に間違いない」麻薬所持の疑いで逮捕 | main | GDP 今後の鍵は「キャッシュレス決済」 >>
小平の連勝23でストップ スピードスケートW杯 女子500m3位

 スピードスケートのワールドカップ、今シーズン初戦はベラルーシで2日目の競技が行われ、小平奈緒選手が女子500メートルで3位となりワールドカップのこの種目の連勝が23で止まりました。

 スピードスケートのワールドカップ、今シーズン初戦は16日、ベラルーシで2日目の競技が行われました。

 このうち、女子500メートルでは、ピョンチャンオリンピックの金メダリストの小平選手が出場しました。

 同走のオーストリアの選手がフライングで失格となったため、1人での滑走となった小平選手は、最初の100メートルで全体の4番目のタイムと出遅れ、その後もスピードに乗り切れず38秒17で3位となりました。

 小平選手がワールドカップのこの種目で優勝を逃したのは4シーズンぶりで、2016年の中国大会から続いていた連勝は23で止まりました。

 優勝は37秒92をマークしたロシアのオリガ・ファトクーリナ選手でした。

 このほかの主な日本選手の結果は、女子1500メートルで高木美帆選手が1分57秒54で6位、男子1000メートルでは23歳の山田将矢選手が1分9秒86で6位、新濱立也選手は1分11秒68で19位でした。
| 雑感 | 05:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091161