<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小平の連勝23でストップ スピードスケートW杯 女子500m3位 | main | 里山のチョウ類が激減 耕作放棄地増加などが影響か 環境省 >>
GDP 今後の鍵は「キャッシュレス決済」

 ことし7月から9月までのGDP(国内総生産)は、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてプラス0.1%、年率に換算してプラス0.2%の低い伸び率にとどまりました。

 先月、消費税率が10%に引き上げられ、今後の鍵を握っているのがGDPの半分以上を占める「個人消費」です。その中で注目されているのが、増税後の消費を下支えしているとされるキャッシュレス決済です。

◇広がるキャッシュレス決済
 消費税率の引き上げに合わせてキャッシュレス還元のポイント制度が導入されたのをきっかけに、消費の現場ではキャッシュレス決済が急速に広がりつつあります。

 経済産業省によりますと、これまでにポイント分として利用者に還元された金額は1日当たりの平均で11億円余りと、政府の想定を上回るペースで増加しています。

 コンビニ大手のローソンでは、先月1か月間のキャッシュレス決済による支払いの割合は全体の26%で、増税前の9月と比べて6ポイント、増えたということです。

 東京・品川区の店舗では、訪れた客の多くが電子マネーやQRコードを使ったスマホ決済などで支払いを済ませていました。

 クレジットカードで支払った40代の男性は、「ポイント還元は続けていけばメリットを実感できるし、小銭を持ち歩かずに済む便利さもあるので、最近は少額でもキャッシュレス決済を利用しています」と話していました。

 キャッシュレス決済が急速に広がる中、決済サービスを手がける事業者は新たなビジネスチャンスと捉え、事業の拡大をねらっています。

 スマホ決済アプリを展開する「Origami」もその一つで、この日は、担当者がローソンの本社を訪れて、今後の利用者の拡大に向けた方策を話し合いました。

 Origamiの佐久間幸彦さんは、「加入したいという店舗からの問い合わせはどんどん増えていて、関心の高まりを感じている。会社の人員が足りなくなるほどキャッシュレス化の勢いがあるので、事業の拡大を図りたい」と話していました。

 一方、ローソンのデジタル戦略部の添田晋さんは、「キャッシュレス決済の利用者が増加し、ポイント還元制度も一定の効果が出ていると思う。決済手数料がかかる中で売り上げや利益をどう向上させるか、検討していきたい」と話していました。

◇キャッシュレス人材需要も増
 キャッシュレス決済の利用が増える中で、電子マネーなどに対応した決済端末を店舗に売り込む営業や、システムの開発に携わる派遣社員の求人が増えています。

 求人サイトを運営する「エン・ジャパン」によりますと、営業スタッフを含む職種のことし9月の平均時給は、関東地方で1827円と、前の年の同じ月に比べて73円、率にして4%余り上昇しているということです。

 これは、派遣社員のすべての職種の平均を190円上回っていて、キャッシュレス関連の人材の需要の高まりを反映しているとしています。

 このほか、決済用のアプリの開発やシステムの保守に携わるIT系の人材や、利用者などからの問い合わせに応じるコールセンターのオペレーター業務、それに決済端末に関わるデータ入力の事務などに関する求人が増えているということです。

 「エン・ジャパン」の派遣求人サイト責任者の中島純さんは、「決済事業者各社が人材への投資を活発化させ、今までなかった仕事で広く求人が増えている。現在も、新規参入が相次ぐなど市場は拡大していて、人材の需要も高止まりが続きそうだ」と話しています。

◇世界経済減速で売上減も
 一方、世界経済の減速の影響で、中小のメーカーの中には、海外向けの生産や輸出が落ち込んで、売り上げが大幅に減少するところも出てきています。

 愛知県清須市の「エムエス製作所」では、自動車に使われるゴム製部品の金型などを設計、製造していて、中国をはじめとするアジアや北米など、海外からの需要の増加で売り上げを伸ばしてきました。

 ところが、米中の貿易摩擦などを背景に去年の夏以降、中国で車の生産や販売が低迷していることに加え、ことしに入ってからは、インドやタイなどでも需要が落ち込んでいる影響で、この会社の海外向けの生産や輸出も減少しています。

 また、アメリカでも、中国などアジア向けに輸出していた取引先の自動車部品メーカーが、貿易摩擦の影響で、現地生産に切り替えていることから、ここ数か月、仕事量は半減しているということです。

 この結果、ことし1月から9月までの会社の売り上げは、去年の同じ時期よりもおよそ4割減少し、来年も低迷が続く見通しだということです。

 エムエス製作所の諏訪裕吾専務は、「リーマンショックの時よりも先が見えない状況が長く続いていて、大変厳しい状況だ。自社の努力だけで経営を続けることが厳しくなってきているので、同業他社の企業とタッグを組みながら、金型以外の分野にも進出していきたい」と話しています。
| 政策 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091152