<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「新語・流行語大賞」に「令和」など30のことばがノミネート | main | 10日の即位祝賀パレード 実施は前日発表 政府 >>
英議会下院解散 来月12日総選挙 EU離脱問題が最大の争点
 イギリスでは6日、議会下院が解散しました。今後、EU(ヨーロッパ連合)からの離脱の是非を最大の争点に、来月12日の総選挙に向け、選挙活動が本格的に始まりました。

 イギリスではEUからの離脱をめぐる政治の混乱を打開するため、来月12日に総選挙を行うことになり、議会下院は6日、解散しました。

 ジョンソン首相は6日午前、バッキンガム宮殿を訪れてエリザベス女王に議会の解散を報告しました。

 このあと選挙戦に向けて声明を出すことにしています。

 選挙戦で与党・保守党は選挙で過半数を確保することで、EUとの間で新たに合意した離脱の条件について速やかに議会の承認を得て、来年1月末の期限までに離脱を実現したい考えです。

 一方、最大野党・労働党は離脱条件についてEUと再度交渉し、その合意をもとに再び国民投票を行うとしているほか、スコットランド民族党や自由民主党は残留を主張しています。

 ジョンソン首相は、解散を前にみずからのツイッターに動画を投稿し、「保守党が議会で過半数を獲得すれば、離脱をすぐにでも実現できる」と訴えたうえで、野党・労働党は再び国民投票を行って国を混乱に陥れようとしているなどと批判しました。

 大手調査会社の「YouGov」の最新の世論調査では、保守党が労働党を13ポイントリードしています。

 5週間にわたる選挙戦が本格的に始まりましたが、離脱をめぐって世論が大きく分かれているだけに、今後の展開は予断を許さない情勢です。
| 政策 | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091129