<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 消費者の買い物意欲示す指数 1年11か月ぶり上昇 内閣府調査 | main | 小2の女の子 宿題の解答が秀逸 >>
コメ作柄「平年並み」 台風の影響は限定的
 ことしのコメの作柄は9月の時点と比べるとやや悪化しましたが、台風による影響は限定的で現時点では「平年並み」が維持されました。

 農林水産省が発表したことしのコメの作柄によりますと、平年を100とした作況指数は今月15日現在の全国平均で99となりました。

 先月の時点と比べると2ポイント悪化しましたが、「平年並み」が維持されました。

 地域別で見ると北海道と東北地方が104と「やや良」となりました。

 一方で、九州地方と四国地方では稲を枯らす病害虫の被害を受けて「不良」となりました。

 特に佐賀県では台風17号による塩害も加わって、63にとどまり、歴史的な不作となる見通しです。

 また、千葉県など関東地方では台風などの被害が出るまでに収穫がほぼ終わっていたこともあり、作柄には大きな影響は出ていないということです。

 農林水産省は、「コメについては台風による影響は限られた。全体としてコメの需要に見合う生産量となる見通しで、安定した供給が図られるものとみられる」と話しています。
| 環境とまちづくり | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091110