<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< “マスク依存症”の深刻な弊害 | main | 上映中止で批判相次ぐ 是枝監督「あるまじき判断」 >>
「iモード」 2026年に終了へ NTTドコモ

 NTTドコモは、かつて一世をふうびした携帯電話からのインターネット接続サービス、「iモード」を2026年3月末に終了することになりました。

 発表によりますと、NTTドコモは、第3世代と呼ばれる通信規格の「FOMA」と、携帯電話からネットやメールを利用できる「iモード」のサービスを2026年3月末で終了します。

 1999年に登場した「iモード」は携帯電話からインターネットに接続できる世界初のサービスとして一世をふうびし、ピーク時の2010年7月にはおよそ4900万件の契約がありました。

 しかし、その後はスマートフォンの普及で利用者が減少し、ことし9月時点の契約数はおよそ764万件と、ピーク時の15%ほどになっています。

 3年前には対応する携帯端末の出荷も終え、NTTドコモは、次世代の通信規格、5Gに経営資源を集中するためにサービスの終了を決めたとしています。

 29日の記者会見でNTTドコモの吉澤和弘社長は、「iモードは長い間、モバイルインターネットを支えてきたが、その成果はスマートフォンに引き継がれている」と述べ、サービス終了に理解を求めました。

◎NTTドコモ、「iモード」および「FOMA」をサービス終了へ 2026年3月31日まで
 (2019年10月29日 15:43 ねとらぼ)

 NTTドコモは10月29日、同社の第3世代移動通信方式「FOMA」および、インターネットサービス「iモード」を、2026年3月31日に終了すると発表しました。

 終了理由については、「4G(第4世代通信方式)の普及による市場環境の変化に伴う契約数の減少や、5G(第5世代移動通信方式)に経営資源を集中するため」と説明しています。

 「FOMA」は2001年10月にスタートした第3世代移動通信サービス。2001年当時で384kbpsの通信速度を実現しており、2011年には約5700万契約を突破していました。

 また、「iモード」は1999年2月にサービスを開始し、携帯電話からインターネットや電子メールを楽しめるサービスの先駆けとして流行。こちらは2010年7月に約4900万契約を突破していました。

 また、既に発表されている通り、「FOMA」音声プランおよび「iモード」は、2019年9月30日で既に新規受付を終了。

 また、「FOMAデータプラン」「ユビキタスプランR」についても、2020年3月31日で新規受付を終了するとしています。

 なお、「FOMA」や「iモード」で提供中の「iチャネルR」「iコンシェルR」といったサービスの終了時期については今後あらためて案内するとのこと。
| 政策 | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091103