<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 富士山で初冠雪を観測 平年より22日遅く | main | “AYA世代”のがん 8割近くが女性 診療・支援体制整備を >>
台風21号 24日 小笠原諸島接近の見込み 記録的暴風のおそれ

 非常に強い台風21号は、24日小笠原諸島に接近する見込みで記録的な暴風が吹くおそれがあり、厳重な警戒が必要です。

 また、台風とは別の低気圧の影響により24日以降、西日本と東日本の各地で、まとまった雨が降る見込みで、気象庁が警戒を呼びかけています。

 気象庁によりますと非常に強い台風21号は、小笠原諸島の近海を北上していて勢力を保ったまま、24日明け方から昼前にかけて小笠原諸島にかなり接近する見込みです。

 小笠原諸島では、これから次第に風が強まって24日は猛烈な風が吹き、記録的な暴風となるおそれもあります。

 24日、予想される最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルに達する見込みです。

 また、波の高さは10メートルと、海は猛烈にしける見込みで、気象庁は、暴風や高波に厳重に警戒するよう呼びかけています。

 一方、台風とは別の低気圧が24日以降、西日本から東日本の太平洋側を進む見込みで、西日本では24日から25日にかけて雷を伴い非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 さらに、関東甲信でも、24日夜から雨が降り始め、25日を中心に大雨となるおそれがあります。

 24日夕方から25日夕方までの24時間に降る雨の量は、関東の多いところで100ミリから150ミリと予想されています。

 台風19号の豪雨による被災地でも、まとまった雨となって洪水の危険性が高まるおそれがあり、警戒が必要です。
| 環境とまちづくり | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091083