<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 皇居 宮殿で「饗宴の儀」 | main | 台風21号 24日 小笠原諸島接近の見込み 記録的暴風のおそれ >>
富士山で初冠雪を観測 平年より22日遅く
 昨日(22日)、富士山からも初冠雪の便りが届きました。きょうは富山県の立山、山梨県の甲斐駒ヶ岳でも初冠雪が観測されており、東日本で初冠雪の観測がある山のうち、標高の高いほうから3つ目までが一度に雪化粧したことになります。

 富士山で22日午後、初冠雪が観測されました。

 富士山の初冠雪は、平年より22日遅く、去年と比べて26日遅い観測となりました。

 富士山の初冠雪は、甲府地方気象台の職員が目視で山の積雪を確認して発表します。

 山梨県側から見た富士山は、22日朝から雲に覆われていましたが、午後、雲の隙間で山の中腹から山頂にかけて雪が積もっている様子が確認されたとして、気象台は初冠雪が観測されたと発表しました。

 富士山の初冠雪は平年より22日遅く、去年と比べて26日遅い観測となりました。

 気象台によりますと、県内の22日朝の最低気温は9月下旬並みと平年よりやや高くなりましたが、低気圧と前線の影響で21日夜から降った雨が、標高の高い山で雪になったのではないかとしています。
| 雑感 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091081