<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 女子ゴルフ アマチュアの19歳 古江彩佳が優勝 史上7人目 | main | 年金受給開始年齢 選択肢の幅75歳まで拡大で一致 厚労省審議会 >>
日本4強ならず、ラグビーW杯
 ラグビーワールドカップ日本大会。準々決勝、日本は南アフリカに3対26で敗れ、初めてのベスト4はなりませんでした。

◎日本力尽き4強ならず、列島染め上げた1カ月終わる
 (2019年10月20日 21:19 日刊スポーツ)

 新たな歴史の扉を開けてきた日本代表の戦いが終わった。世界ランキング6位の日本(A組1位)が、同6位の南アフリカ(B組2位)に3−26で敗れ、準々決勝で敗退した。

 自国開催の晴れ舞台で1次リーグを無傷の4連勝で首位突破、初の決勝トーナメント進出を決め、列島をラグビー一色に染め上げた1カ月。「ONE TEAM」を旗印に躍動した日々を戦い抜いた。

 1次リーグで185得点、27トライとどちらも最多の攻撃力を誇る南アフリカは序盤から強烈だった。開始3分、自陣でスクラムを押されて外に展開をされると、WTBマピンピに2人をかわされて先制トライを許した。

 危険なタックルでプロップのムタワリラが一時退場している間に、WTB福岡が快足を飛ばしてチャンスをつかむ場面もみせて反撃を開始すると、19分には中央での相手スクラムで反則を誘って、SO田村のPGで3−5とした。

 その後は200センチ以上の選手が3人先発する世界屈指の強力FWの出足が早い守備に苦しみながらも、そのまま前半を折り返した。

 後半は3分、8分、23分と3連続PGで3−14と点差を広げられた。手堅い戦術を選んできた相手の圧力に打開策が見いだせない。

 25分には長距離をモールで押し込まれて、最後はSHデクラークにトライを奪われた。3−21となると、29分にもマピンピに2トライ目を許して勝負は決まった。

 「ブライトンの奇跡」から4年を経ての再戦だった。2015年イングランド大会の1次リーグ初戦、日本は終了間際の劇的トライで南アフリカを34−32で大金星を挙げた。

 ラグビー界最大の衝撃は世界を駆けめぐり、日本への見る目を変えさせた。大会前の9月にはテストマッチで7−41と敗れていたが、この準々決勝こそ、「奇跡」ではない力を示す絶好の舞台だった。

 前夜、都内の宿舎には懐かしい顔があった。チームソング「ビクトリーロード」を作ったプロップ山本ら。

 8月の合宿まで共に競い合い、直前でW杯メンバーから漏れた仲間たちが集合するなか、全体ミーティングでリーチは力を込めた。

 「俺たちの刀は一番強い。何度も火入れし、たたいて強くした刀は、世界でも負けない強度だ」。全員で肩を寄せ合い、ビクトリーロードを歌った。登録31人の枠を超えた「ONE TEAM」がそこにあった。

 ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(49)は続投する方針で、2023年フランス大会へ、さらなる進化が期待される。この敗北はまだ結末ではない。さらなる偉業へとトライしていく。
| 雑感 | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091075