<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雨やんでも引き続き警戒を 川氾濫や土砂災害のおそれ | main | 鉄道情報 >>
首都圏鉄道運転見合わせ JR13日昼ごろまで 私鉄安全確認まで
 台風19号の影響で首都圏のJRは少なくとも13日昼ごろまで運転を見合わせることにしています。

 また、私鉄各社も多くが安全の確認が取れるまで、運転を見合わせるということです。

 JR東日本によりますと、13日の首都圏の在来線は安全確認を終えるまで少なくとも昼ごろまでは運転を見合わせるとしています。

 このうちすでに終日、運転見合わせを決めているのは湘南新宿ライン、中央本線の高尾駅〜小淵沢駅間、青梅線の青梅駅〜奥多摩駅間、烏山線、水戸線、水郡線です。

 また、東海道線特急の「スーパービュー踊り子」や、中央線特急の「あずさ」、「かいじ」など特急列車も、終日運転を見合わせるということです。

 一方、各新幹線は東北・北陸・上越が少なくとも13日昼ごろまでは運転見合わせ、秋田新幹線は盛岡〜秋田間に限って、始発から運転することにしています。山形新幹線は終日運転見合わせを決めています。

 JR東日本は、台風の被害次第では運転見合わせが長引くおそれもあるとして、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

 また、首都圏の私鉄は13日、京成線が安全を確認したうえで始発から運行する予定ですが、そのほかの各社は安全が確認されるまで運転を見合わせるということです。

 また、都営地下鉄は安全が確認されるまで運転見合わせ、東京メトロは地上を走る路線や区間を中心に、始発から運転を見合わせる可能性があるということです。
| 環境とまちづくり | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091050