<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テニス 大坂なおみ「日本代表で東京五輪目指す」日本国籍選択 | main | お金持ちの口癖って何?それは、5文字のアレだった!? >>
台風19号 あすから東日本に接近へきょう中に備えを

 大型で非常に強い台風19号は、12日の土曜日から13日日曜日にかけて、勢力を保ったまま東日本にかなり接近する見込みです。本州の広い範囲で暴風や大雨による大きな影響が出るおそれがあり、11日のうちに備えを済ませるようにしてください。

 気象庁によりますと大型で非常に強い台風19号は、午前6時には、小笠原諸島の父島の西380キロの海上を、1時間に25キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

 台風は暴風域を伴って、非常に強い勢力を保ったまま12日から13日にかけて東日本にかなり接近し、進路によっては上陸する見込みです。11日は、東日本や西日本の太平洋側でもしだいに風が強まり、夕方からは非常に強い風が吹く見込みです。

 11日から12日にかけての最大風速は、

▽東海で45メートル、

▽関東甲信で40メートル、

▽近畿で30メートル、

▽東北で28メートル、

▽北陸と四国、小笠原諸島で25メートル、

▽中国地方で23メートル、

▽九州北部で22メートル、

▽北海道と九州南部で20メートルと予想され、

 最大瞬間風速は、

▽東海と関東甲信で60メートル

▽近畿で45メートル、

▽東北で40メートル、

▽北陸、四国、中国地方、九州北部、小笠原諸島で35メートル、

▽北海道と九州南部で30メートルと予想されています。

 海上では11日夜までに猛烈なしけや大しけとなる見込みで、12日にかけて予想される波の高さは、

▽東海と関東、伊豆諸島で13メートル、

▽近畿と小笠原諸島で10メートル、

▽東北と四国で9メートル、

▽北陸、中国地方、九州北部と南部、沖縄・奄美で6メートルなどとなっています。

 さらに、台風の進路によっては12日から13日にかけて東日本を中心に高潮のおそれがあります。

 また、台風の接近に伴って湿った空気が流れ込むため、東日本と西日本の太平洋側では11日の午後以降、大気の状態が不安定になって非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 12日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、

▽東海と近畿、伊豆諸島で200ミリ、

▽関東甲信で150ミリなどと予想されています。

 その後、12日の朝から13日朝までの24時間に降る雨の量は、

▽東海で600ミリから800ミリ、

▽関東甲信で400ミリから600ミリ、

▽北陸と伊豆諸島で300ミリから500ミリ、

▽東北と近畿で300ミリから400ミリ、

▽中国と四国で200ミリから300ミリなどと、

その後も東日本を中心に雨量は増え、記録的な大雨となるおそれがあります。

 12日からの連休は広い範囲で大荒れの天気となり、特に台風が接近する地域では暴風や大雨による甚大な被害が発生するおそれがあります。

 暴風への対策を進めたり地域のハザードマップや避難場所を確認したりするなど、11日のうちに台風への備えを済ませるようにしてください。
| 環境とまちづくり | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091041