<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 幼保無償化 対象外“幼稚園”の園児 全国で2000人超 | main | ノーベル化学賞に「リチウムイオン電池」開発の吉野彰さん >>
労働者1人の給与総額 8月は27万6000円 2か月連続で前年比減
 ことし8月の給与総額の平均は速報値で27万6000円余りと去年の同じ月を0.2%下回り、2か月連続でマイナスとなりました。

 厚生労働省が全国およそ3万1000の事業所を対象に行った「毎月勤労統計調査」の速報値によりますと、ことし8月の、基本給や残業代などを合わせた働く人1人当たりの給与総額は平均で27万6296円でした。

 これは去年の同じ月を0.2%下回り、2か月連続でマイナスとなりました。

 このうち、

▽フルタイムで働く人の給与総額は平均で35万7112円で去年の同じ月より0.2%上回り、

▽パートタイムで働く人は9万9111円で去年の同じ月を0.1%下回っています。

 物価の変動分を反映した実質賃金は去年の同じ月と比べて0.6%下回り、8か月連続でマイナスとなりました。

 厚生労働省は、「ことしに入ってから消費者物価指数は上がっているのに、給与総額が減少する傾向が続いている」としています。

◇西村官房副長官「雇用、所得環境に変更ない」
 西村官房副長官は、閣議のあとの記者会見で、「8月の現金給与総額がマイナスとなったのは、主に、正規雇用労働者と比較して相対的に賃金水準の低い、パートで働く人の率が上昇した影響によるものだ。ただし、就業者数が大幅に増加するなどの状況は継続していることから、総雇用者所得の増加基調は続いていて、好転が続いてきた雇用、所得環境に大きな変更は生じていないと考えている」と述べました。
| 政策 | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091035