<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イヤホン外して 接客の気持ち | main | サンマの不漁深刻 漁獲量は去年の1割 卸売価格は3倍 >>
FRB議長「経済いくつかのリスク」
 アメリカの中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長は、アメリカ経済について「全体的には好調だが、いくつかのリスクに直面している」と述べ、先行きに対して慎重な見方を示しました。

 市場関係者の間では、FRBが景気を下支えするため、3回連続となる利下げに踏み切るという観測が広がっていて、今月下旬の会合が注目されます。

 FRBのパウエル議長は4日、ワシントンの本部で行った外部からの意見を聞く会合で、アメリカ経済について「全体的には好調だが、いくつかのリスクに直面している」と述べ、先行きに慎重な見方を示しました。

 そのうえで、「よい状態をできるだけ長く維持することが私たちの仕事だ」と述べ、景気の維持に努めていく考えを示しました。

 アメリカ経済をめぐっては、米中の貿易摩擦を背景に今週、製造業の経済指標が10年ぶりの低水準となったほか、4日に発表された雇用統計で就業者数は市場予想を下回りました。

 このため市場関係者の間では、FRBが今月下旬の会合で3回連続となる利下げに踏み切るという観測が広がっていますが、FRB内にはさらなる利下げに対して慎重な意見も出ていて、次回の会合が注目されます。
| 政策 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091024