<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「目に激辛ラーメンの汁塗られた」同僚いじめの教師4人処分へ | main | イヤホン外して 接客の気持ち >>
香港 マスク禁止の「緊急条例」発動 中国は「断固支持」
 香港政府トップの林鄭月娥行政長官は、記者会見で、議会の承認を経ずにさまざまな規則を設けることができる、「緊急状況規則条例」を発動し、抗議活動に参加する際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する、と発表しました。

 香港の林鄭月娥行政長官は4日、諮問機関の緊急の会議を開いたあと記者会見し、「暴力行為が各地でエスカレートし、警察との衝突も相次いでおり、平静を取り戻すことが強く望まれている」と述べて、議会の承認を経ずに、みずからの判断でさまざまな規則を設けることができる、「緊急状況規則条例」を発動し、抗議活動に参加する際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する、と発表しました。

 5日から適用され、違反すると、最高で禁錮1年の刑事罰を科すとしています。

 林鄭長官は、「公共の安全が脅かされている状態を止めるための、緊急的な措置だ」として、条例の発動による措置は一時的なものだ、と強調したうえで、今月16日から再開される予定の議会で、改めて議案を提出するとしています。

 香港で続く抗議活動では、参加者の多くが、警察による催涙ガスから身を守るとともに、当局から身元が特定されないようにするため、マスクやゴーグルなどで顔を隠して参加していて、香港政府としては、顔を隠すのを禁止することで、過激な行為を食い止めるねらいがあるとみられます。

 緊急状況規則条例は、「公共の利益にかなう、いかなる規則も定めることができる」とされていて、発動されるのは、1967年のイギリスの植民地時代に市民が暴動を起こした時以来です。

 市民の間では、今後、夜間の外出禁止など、政府がさらに制限を拡大させるのではないか、という懸念が高まっていて、反発が一層強まることが予想されます。

◇マスク禁止発表直後の学生は
 林鄭月娥行政長官の記者会見のあと、香港大学では早速政府の方針に反対の声を上げる学生の姿が見られました。

 キャンパスでは学生が拡声機を使って、「政府がマスクで顔を隠すことを禁止したことだけでなく、緊急状況規則条例を発動したことこそが問題だ。政府は今後、われわれの自由をどんどん奪っていくはずだ」と訴えていました。

 男子学生の1人は、「今後はマスクを着けて歩いているだけで、警察から取り調べを受けるかもしれない。政府は香港市民を脅し、警察の権力を拡大しようとしている。香港人の自由はどんどん侵食されている」と話していました。

◇マスク禁止規則とは
 香港政府トップの林鄭月娥行政長官は「緊急状況規則条例」を発動し、抗議活動に参加する際にマスクやゴーグルなどで顔を隠すことを禁止する規則を設けることを発表しました。

 香港政府によりますと、50人以上が参加する集会や30人以上が参加するデモ、それに非合法や無許可の集会やデモにマスクやゴーグルなどで顔を隠して参加した場合、最高で禁錮1年の刑事罰を科すとしています。

 一方、マスクなどの着用にあたって、正当な理由を説明できる場合や、職業や宗教上の理由、健康上の理由がある場合は違反にならないとしています。

 警察はマスクなどをはずすよう求め、身元を確認できると定めていて、従わない場合は最高で禁錮6か月の刑事罰を科すとしています。

◇中国政府「覆面禁止断固支持」
 香港政府トップの林鄭月娥行政長官が、抗議活動に参加する際にマスクなどで顔を隠すことを禁止すると発表したことについて、中国政府で香港問題を担当する国務院香港マカオ事務弁公室の報道官が、談話を発表しました。

 談話では、「香港の情勢は、すでに公共の安全を深刻に脅かす状況に達している。このような状況のもとで、香港政府がマスクなどで顔を隠すことを禁止したのは理にかなっており、極めて必要なことだ」と指摘しています。

 そのうえで、「混乱がいつまでも続く中、暴力をおさえるためにさらに有効な措置を加える重要な時期になっている。われわれは、香港政府や警察が、法に基づいて、すべての暴力犯罪分子を処罰する必要な措置をとることを断固として支持する」としています。
| 政策 | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091022