<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちょっと難しいキャッシュレス・ポイント還元事業、分かりやすく解説 | main | ラグビー日本代表は、なぜ31人中15人が外国人選手なのか?スポーツと国籍問題を考える >>
2018年の平均年収 業種別では
◎サラリーマンの年収は441万円、業種別では?
 (2019年09月29日 09:12 ITmedia ビジネスオンライン)

 民間企業で働くサラリーマンは、どのくらいの給与を手にしているのだろうか。

 2018年の平均年収を調べたところ、441万円であることが、国税庁の調査で分かった。

 6年連続で伸びていて、男性の平均年収は545万円に対し、女性は293万円という結果に。

 平均年収を業種別にみると、どのような違いがあるのだろうか。

 最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の759万円、次いで「金融業、保険業」(631万円)、「情報通信業」(622万円)、「製造業」(519万円)、「建設業」(501万円)と続いた。

 一方、最も低いのは「宿泊業、飲食サービス業」の251万円。次いで「農林水産・鉱業」(312万円)、「サービス業」(363万円)だった。

 給与所得者数は5026万人で、前年に比べ1.6%増加。

 男女別にみると、男性2946万人、女性2081万人で、前年に比べ、男性は0.3%の増加、女性は3.5%の増加だった。
| 政策 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091011