<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宇宙輸送船「こうのとり」 国際宇宙ステーションに到着 | main | 鈴木、競歩で金「世界美しい歩き」 >>
宇宙輸送船「こうのとり」 ドッキングに成功

 今月25日に打ち上げられた日本の宇宙輸送船「こうのとり」8号機は、国際宇宙ステーションにドッキングし、宇宙飛行士に物資を届けることに8回連続で成功しました。

 今月25日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた、日本の宇宙輸送船「こうのとり」8号機は、高度400キロ付近で地球を周回している国際宇宙ステーションに到着して宇宙飛行士が操作するロボットアームにキャッチされ、日本時間の29日午前3時前にドッキングに成功しました。

 茨城県つくば市にあるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の管制室では、およそ40人の担当者が「こうのとり」の姿勢や位置を示すデータをNASA(アメリカ航空宇宙局)に伝え、「こうのとり」がキャッチされると拍手するなどして喜んでいました。

 「こうのとり」8号機は、全長10メートル、直径4.4メートルで、国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士の水や食料のほか、電気を供給するバッテリーや大学が開発した人工衛星などおよそ5.3トンの物資を搭載しています。

 「こうのとり」は10年前に1号機の運用が始まって以降、国際宇宙ステーションに物資を届けることに8回連続で成功したことになります。

 JAXAの植松洋彦HTV技術センター長は、「10年前はトラブルが多く運用するのに苦労しましたが、いまでは習熟度が大きく上がりました。後継となる新型の宇宙輸送船の開発を進めていて、土台ができた思っています」と話していました。
| 政策 | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1091007