<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 長崎 平和宣言「被爆国の責任として核兵器禁止条約に署名を」 | main | 選挙ポスター 埼玉県民に衝撃 >>
猛暑 携帯扇風機やかき氷などの売り上げ急増
 連日猛暑が続く中、携帯できる扇風機やこだわりのかき氷などの売り上げが急増し、売り切れになる商品も続出しています。

 東京 渋谷にある大型雑貨店では、携帯できる小型扇風機の先月の売り上げが、去年の同じ月の3倍近くに伸びています。

 このう、ち直径が10センチほどの充電式の小型扇風機は、重さが170グラムほどで風の強さを3段階で調節できます。

 小型扇風機の売り上げは今月に入っても伸びていて、売り切れになる商品が続出しているため、店頭では数種類を残すだけとなっています。

 子ども連れの38歳の男性は、「最近持っている人が多いので興味を持った。通勤のときに使いたい」と話していました。

 ロフトの横川鼓弓プレスマネジャーは、「入荷するとすぐ完売する状況が続いていて、メーカーから在庫をかき集めて販売しているが飛ぶように売れている。水分をとりながらぬれたタオルと合わせて使うと効果的です」と話しています。

 この店舗では、ほかにも服に吹きかける冷却スプレーの今月1日から8日までの売り上げが、去年の同じ時期のおよそ3倍に伸びているということです。

 また、東京 池袋の大手デパートでは、店内のイベントで販売しているかき氷などの売り上げが去年に比べて15%ほど伸びています。

 特に老舗の和菓子店のわらび餅などが入った1杯800円のかき氷が涼を求める買い物客の人気を集めているということです。

 また、男性用の化粧水や乳液、それに日傘の売り上げも今月に入ってから伸びているということで、西武池袋本店食品部の阿久津陽平係長は、「7月は天候不順で不安だったが、猛暑で涼しさを求める人がたくさん来てくれていて安心しています。猛暑で求められる商品をしっかり展開していきたい」と話しています。
| 環境とまちづくり | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090855