<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 食料自給率37% 平成5年度と並び過去最低 | main | 小泉進次郎衆院議員 滝川クリステルさんと結婚へ >>
6月の景気動向指数3か月ぶりに低下 5年2か月ぶりの下げ幅
 内閣府が発表したことし6月の景気動向指数は、自動車の生産が落ち込んだことなどから3か月ぶりに低下しました。

 その幅は、3ポイントと、5年2か月ぶりの大きな低下でした。

 内閣府が発表したことし6月の景気動向指数によりますと、景気の現状を示す「一致指数」は、平成27年を100として100.4となり、前の月を3ポイント下回りました。

 指数が低下するのは3か月ぶりで、下落幅は消費税率が8%に引き上げられた平成26年4月以来、5年2か月ぶりの大きな低下となりました。

 これは、自動車や工場の機械設備などの生産が落ち込んだほか、有効求人倍率も前の月より低下したことなどが主な要因です。

 景気の基調判断は、5月に「悪化」から景気後退の動きが下げ止まっている可能性が高いことを示す「下げ止まり」に上方修正されましたが、6月もこの判断が維持されました。

 内閣府は、「今回の基調判断は基準を機械的にあてはめたもので、政府としての正式な景気判断は月例経済報告で示したい」としています。
| 政策 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090845