<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「消費者態度指数」10か月連続で悪化 消費税引き上げ控え | main | 日米韓外相会談終わる 具体的な歩み寄りなし >>
熱中症 予防のポイントは
 西日本から北日本の広い範囲で1日も猛烈な暑さが続き、東海の各地で最高気温が38度を超えたほか、東京の都心でことし初めて猛暑日となりました。

 2日も東海や近畿、九州で38度が予想されていて、引き続き熱中症に厳重な警戒が必要です。

 熱中症は気温が高い環境で、体温調節の機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまうことで起こります。

 特に梅雨の合間や梅雨明けなどで突然気温が上がった日は、まだ体が暑さに慣れていないため、熱中症になりやすくなります。

◇熱中症予防のポイント

 熱中症を予防するポイントです。

<水分の補給>
 何より重要なのが水分の補給です。暑い日は知らず知らずのうちに汗をかいてしまうため、脱水症状になりやすくなります。

 のどが渇かなくてもこまめに水分を補給してください。

 たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや経口補水液で、水分とともに塩分も補給することが大切です。

<屋外>
 屋外にいる場合は、日傘や帽子を着用して直射日光を防いでください。

 体の熱や汗が出ていきやすいよう、風通しのいい服を着て襟元をゆるくすると効果的です。


<屋内>
 屋内にいるときは、室温が28度を超えないよう、我慢せずにエアコンを使用してください。

 併せて扇風機を使うことも効果的です。

<高齢者>
 屋内で人知れず熱中症になり、命を落とす高齢者があとを絶ちません。

 家族や周辺の人が声をかけ、水分補給のほかエアコンや扇風機の使用などを促してください。

<子ども>
 子どもは体温調節の機能がまだ発達しておらず、体に熱がこもりやすくなっています。

 また、身長が低く、地面の照り返しの影響なども受けやすい特徴があります。

 体の異変をうまく伝えられないため、大人が体調の変化に気を配って水分の補給などを心がける必要があります。

◇熱中症の疑いがある時は
 めまいや手足のしびれなど、熱中症の疑いがあると感じた時は、まずはエアコンの効いた室内や日陰の涼しい場所などに移動して横になってください。

 その際には、首筋や後頭部、脇や足の付け根などをぬれたタオルや冷たいペットボトルで冷やすことも効果的です。

 意識がもうろうとするなど症状が重い場合は、ちゅうちょせずに病院で診察を受けてください。
| 環境とまちづくり | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090824